« 万人受けするとは難しいもんだ | トップページ | 夜中のムチャ。 »

2005年9月19日 (月)

年の差を感じる京子の五郎。

先日、うちの職場に「大学生の職場体験」という趣旨で女子大生がやってきた。
「そりゃあ、女子大生はキライじゃないですよ」、ということと、「普段うちの職場には若い人があんまりいない」ということで楽しみにしていた。
…しかし、このあと現実の厳しさを身を持って体験するのだった。

2日目。
私が指導者として担当することになった。
年齢は20歳。
自宅は横浜の中山だそうだ。

「中山ってオレの友だちが住んでるんだぁ。」という会話から始まり、話題はなぜか私の好きな電車の話題へ。
「横浜線て、オレが子どものとき緑色と青の電車が交互につぎはぎでくっついててさあ。武蔵野線とか南武線もそんなだったよ。」すると「横浜線は子どもの時から銀色の電車でしたけど」。
…え?マジ?
あなたそんなに若いの?
しかも横浜線に205系のステンレス車両が入ったのってけっこう最近じゃなかった?

この子との年の差は11歳。
ってことはこの子が生れたのは私が小学校5年生。
ってことは私が小学生のときに起こった出来事は知らないわけだ。
ってことは昭和60年生まれ…。
え?昭和60年?
ってことは1985年生まれ?
ってことはロスオリンピックは知らないのね。
イーグルサムも知らないし、光GENJIの大沢君と内海君が光GENJIの前にやってたイーグルスが主題歌を歌ってたイーグルサムのアニメも知らないし、コカコーラのオリンピックヨーヨーも自称ヨーヨー全米チャンピオンが日本全国に何人も出現したことも知らないし、森末慎二は最初に見たときからバラエティタレントだっだのね。

単純に年の差にショックを受けた出来事だった。

|

« 万人受けするとは難しいもんだ | トップページ | 夜中のムチャ。 »

コメント

あははははははっ!!(爆笑)
イーグルス懐かしいですね。
森末慎二もオリンピック選手ですもんね。
しかし、よく覚えてますねオオーw(*゚o゚*)w

私が働く店ではホールの子は19~22歳が中心で年の差なんて日常茶飯事ですよ(汗)
それよりも22歳が3人いるんだけど、同じ干支ってのが私には最もギャフンッ!としてしまいますね。
何歳下よりもインパクト大です(*_*)

でも、あと1年で「社会」に平成生まれが出てくるんですよ!怖いですねぇ~( ̄□||||!!

投稿: えのっち | 2005年9月19日 (月) 13:44

私の親戚も鴨居に住んでいて、昔の横浜線はよく使っていました。当時我家にはマイカーが無く、移動手段は電車でした。
山手線や京浜東北線のお古が走っていて、前3両が冷房車だったような・・・
「横浜線」と大きな看板を付けて走っていました。もちろん乗り換えは原町田です。

投稿: イズチ | 2005年9月19日 (月) 15:10

えのっちさん

そうなんですよね~。干支がひとまわりっていうのはキツイですよね。その子も「丑年です」とか言ってて、今までなら「なんだ1コ上じゃん」だったんですけど、この場合「あ?11コ下じゃん!」てことになるわけです。社会人になったときに「まあいずれは平成生まれが入ってきて…」とか思ってた未来が現実のものになろうとしているんですね。はぁ~…。


イズチさん

原町田ね!懐かしいです。小田急は新原町田でしたね。その子にも「新原町田って乗り換え不便でしかも汚くてねぇ…」とかってオジさんバリバリの会話で更なる墓穴を掘るところでした。

投稿: くうみん@管理人 | 2005年9月19日 (月) 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/6013453

この記事へのトラックバック一覧です: 年の差を感じる京子の五郎。:

« 万人受けするとは難しいもんだ | トップページ | 夜中のムチャ。 »