« どうも、滝沢です。 | トップページ | 常識知らず? »

2006年4月22日 (土)

部長の遺言

気がつけば4月である。
気づくのが遅すぎである。
3月で長年仕事で付き合ってきた人たちとの別れがあった。
どの会社にもある「定年」である。
あ、タイトルに「遺言」てあるけど、部長は死んでないからね。
「北の国から」の最終作「遺言」で黒板五郎が死ななかったのと一緒だ。

送別会で、バカ話をしていて散々盛り上がったあと、マジメな顔になって部長が話し始めた。
こんな内容だった。

人間は生きていく上でも、仕事をしていく上でも人とぶつかるところがたくさんある。
お互いに主張をして、お互いに譲らなかったらどっちにも進めない。
四つ相撲だな。
だからお互いに譲れるところは譲ってうまくやっていくんだ。
お互いに譲るってのが優しさってやつなんだ。
優しいってのは人を憂うって書く。
これを妥協って言う人もいるけど、そうじゃないんだ。
それをオレの遺言として覚えておいてほしい。

…部長はエラい人だけど、エラぶらないとってもいい人だった。
マジメじゃないわけじゃないけど、マジメな話をするタイプの人でもない。
肩書きより人柄で仕事をしているようなタイプだった。
仕事はできる。
じゃなきゃ部長なんてやってない。

風流な趣味人である部長。
どうか、好きな趣味を生きがいにしていつまでもお元気で。
もっと一緒に仕事していたかったね。
本人は冗談じゃないだろうけど。
定年は早い気がする。
…定年が遅すぎるバカが多いのも事実だけどね。ケッ。

|

« どうも、滝沢です。 | トップページ | 常識知らず? »

コメント

世の中そんなモンだよね。辞めて欲しくない人はそそくさと居なくなり、いらないヤツばかりが残る。あちきの身近にも3人は居るね。そんなヤツ。あちきが一番そう思われてたりして・・。

投稿: あーちゃんパパ | 2006年4月22日 (土) 23:37

弟。
自分の評価は人が決めるもの。
他人の評価は51点、つまり過半数あれば最高点と思っていたほうがいい。
でも、自分の評価が上がるように努力をすることに越したことはないよ。
ガンバレ。

投稿: くうみん@管理人 | 2006年4月23日 (日) 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/9706610

この記事へのトラックバック一覧です: 部長の遺言:

« どうも、滝沢です。 | トップページ | 常識知らず? »