« 耳がカイカイ、奇々怪々。 | トップページ | 緊急警報発令! »

2006年4月 2日 (日)

3度目の結婚記念日。

4月1日はわが家の入籍記念日だ。
いつになっても「ゴメン、あの入籍ね、ウソ。」と言ってお互い、より良い人生が見つかったらそれぞれの道を歩めるようにとこの日に入籍した。
…これこそウソ。
面白いからこの日にした。
結婚前に女房に相談したら「アタシたちらしくていいんじゃない?」ってことでこの日にした。
おかげで、結婚記念日は絶対に忘れない。
ちなみに挙式は5月31日なので、ちゃんと2回結婚記念日がある。

うちは、共働きだし家事も分担している。
うまくお互いにやっているとは思うけど、それでも女房には苦労をかけている。

実は前々から結婚3周年にはなにかプレゼントをしようと思っていた。
アクセサリーが好きな人なので、それにしようかと思った。
うちは結婚したときに指輪は贈っていない。
女房が、「指輪じゃ立派過ぎていつもしていられない。ネックレスにして。」って言ったので婚約指輪ならぬ結婚ネックレスを贈った。
このネックレスもただ既製品を贈ったんじゃつまらないので、オーダーで作ってもらえるところを探してデザインから女房と考えて作った。
この店が今でも仲良くさせてもらっている三軒茶屋の「アダン」だ。

このときのダイヤモンドはそれなりに張り込んだよ~。
婚約指輪って(うちはネックレスだけど)、結婚するためのあいさつじゃないんだよな。
結婚するからあげるんじゃないと思うわけ。
だって、結婚するのにある程度のプレゼントもできないような相手に、親も安心して娘を嫁に出せないと思うのよ。
だから、「このくらいのことはできます。だから娘さんのことはご安心を」って言うためにあげるんだな、とこのとき思った。
もちろん、原石から選定したので、キレイなダイヤモンドを選んだつもり。

…こんなカッコいいこと言っといてなんだけど、ダイヤモンドがこんなに高いものだっていうのはこのとき初めて知ったんだけどね。

さて今回は、3周年ということなので3連のダイヤモンドがついている、いわゆる「トリロジー」というヤツにした。
前々からこのデザインにしようと思ってずっと考えてた。
このプレゼント、結婚3周年か、30歳の誕生日かどっちかにしようと思っていたのだが、思ったより早くお金が貯まったので、3周年の方にした。
ちなみに女房の30歳の誕生日は来年の11月だ。

正直、ダイヤモンドじゃなくてもいいかなとは思ったの。
誕生石がトパーズだからそれでもいいと思ったの。
でも、誕生日は1年の真裏じゃん。
ズレすぎてるし、トパーズは誕生日でいいかと思ったの。
じゃあ、結婚した月の石を…ダイヤモンドじゃん。
結局こうなるじゃん、ということでダイヤモンドに決定。

では、資金は?というと、実は結婚してからずっと500円貯金を続けてきたのだ。
小銭入れの中に500円玉があると欠かさずにドラえもんの貯金箱に貯めてきた。
これがあるので資金は平気。
いいのだ。
こういうときに使うためにヘソクリを貯めているのだから。

計画は2ヶ月前から始めた。
アダンに行って店長の藤森さんに「実は…」と相談してデザインを練るところ入ったのだ。
女房は美大出なので、デザインなんかは比較的得意なのだが、私は美術は万年「1」。
美的センスの「び」の字もない。
そこで、藤森さんにある程度デザインを考えてもらって、そこから詰めていくことにした。

デザインのラフが完成。
それをを見せてもらって、お互いにあれこれ意見を出し合っていたら、婚約の時もネックレスだったね、ここで作ったね、って話になった。
ならば、婚約のネックレスと今回あげるネックレスをコンビにしてつけられるように、同じデザインにしたらいいんじゃないか?ということになった。
なるほど、これはいいアイディアだ。
我ながら良く考えた。

というわけで、なんとか1週間前に完成。
うちに持って帰ってきて隠しておいた。
Neckless
そして当日。
食事に行って、花でも渡してそれと一緒にあげようかと思っていたのだが、感謝の気持ちを伝えるにはシンプルな方がいいかな、と思って、女房が起きてきて顔を洗って着替えて座ったときに普通に渡した。
「今日で結婚3周年。今まで本当にありがとう。これ感謝の気持ち。これからもヨロシク。」と正座して頭を下げた。
私はこういう時はけっこう形にこだわるので、きちんと渡した。
女房の方も、私のことだからなんか用意はしているだろうと薄々感づいてはいたようだが、こんなスゴイものが来るとは思っていなかったらしい。

そして、女房からもプレゼントが。
それは…。
うなずきんだった。
Unazukin2
こないだのホワイトデーのときに女房にうなずきんをあげたのだが、私が気に入ってしまい、かまってばかりいたら、ワタシ用のうなずきんをくれたのだ。
コレ、嬉しかったなぁ。
プレゼントって値段は関係ないね。
安くったって欲しいモノをもらえばそれは嬉しい。

しかし、3年か。
あっという間だな。
お互いによく頑張ったよ。
結婚は3日、3ヶ月、3年が節目っていうもんね。
これならこの先も頑張れるかな。

|

« 耳がカイカイ、奇々怪々。 | トップページ | 緊急警報発令! »

コメント

へそくりで奥様のプレゼントなんてステキ。
3年目の浮気っちゅーぐらいなのに。
奥様のこと愛しているのですね。

投稿: penguin555 | 2006年4月18日 (火) 14:29

penguin555さん。
ようこそ、妄想ワールドの当ブログへ!
よろしくお願いします。

うーん。
そんなでもないですよ。
要は自己満足なんですね。
自分が満足したついでに相手が喜んでくれればそれが一番いいと。
男のクセにロマンチストなんでしょうか。
心が乙女なんですよね、いつまでたっても。

浮気ねぇ…。
その選択肢はありませんね。
浮気するような男はダメです。
死んじまってください。
浮気した男なんて、自分に対しても浮気しますからね。
うまく伝わらないな。
日本語は難しい。

愛してるか…。
うーん。
一緒にいてもう13年ですからねぇ。
女房以外ほかに選択肢はないです。

素敵だな、独身だったらわかんないな、って女性と出会うことはありますよ。
でも、それって感情ですから。
気持ちに対して怒られたって困るわけですよ。
これは浮気じゃないと思ってます。
でも好きになるってのは行動ですからね。
行動には責任もたなきゃ。
それが理性ですから。
理性のない私でもたまには使わなきゃいけないわけです。

女房は浮気してもかまわないですけど、私の良さを確認するだけになるでしょう。
私以上にいい旦那なんて世の中にいるわけないですから。
女房にとってね。

なんちゃって。
少しマジメな話をしましたが、ここのブログをお読みになれば分かるとおり、まったく私のキャラじゃありません。
またぜひ遊びに来てくださいね。

投稿: くうみん@管理人 | 2006年4月19日 (水) 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/9400032

この記事へのトラックバック一覧です: 3度目の結婚記念日。:

« 耳がカイカイ、奇々怪々。 | トップページ | 緊急警報発令! »