« とにもかくにもまずは実践。 | トップページ | 鉄道ダイヤ情報2006年11月号。 »

2006年10月17日 (火)

第2のよい人生を。

16日でプロ野球の全日程が終了。
わが阪神タイガースも日程を終えた。
結局、首位と3.5ゲーム差の2位。
今年は優勝できなかったものの、一時は猛烈な追い上げを見せたりセリーグを盛り上げたことを考えるとファンとしてはそれなりに満足できたものだったと思う。
昔の阪神に比べたら、今の状態は涙が出るほどうれしいものである。
このあたりはソフトバンクファンと気持ちを分かち合えると思う。

あとの興味は日本シリーズであり、私も当然大きな興味を持っているのだが、その前に。
2006年のシーズンが終了した時点で、現役を引退する選手がいる。
引退というのはスポーツ選手には必ずあるものだから仕方ないのだが、切ないものである。
私も自分がプロ野球の現役から引退したときのことを思い出す。
…思い出さない。

今年、現役から引退する主な選手は以下のとおり。
それぞれにコメントをつけてみた。

○片岡篤史(阪神)
わが阪神タイガースからの引退選手である。
正直に言うと日本ハムから移籍してきたとき、もっと活躍してくれると思っていたんだよね。
歴史に名を残す大選手にはなれなかったかもしれないけど、タイガースの立派な中心選手であったことは間違いない。
ベストナインも2回かな?
受賞してるしね。
ケガにも多く泣かされたしね。
でも、チャンスのときに出てくると何かしてくれるのでは?と期待を持たせてくれるいい選手だった。
ありがとう。

○町田公二郎(阪神)
そうだよなぁ。
町田って阪神に来たんだよなぁ。
やっぱり広島のイメージが強いよ。
そのまま広島にいたほうがよかったよね、と思ってしまったりして。

○川相昌弘(中日)
言わずと知れた犠打の神様。
犠打の世界記録保持者。
読売戦で先頭バッターに出てくると「川相~!バント!」ってヤジを飛ばしたもんだなぁ。
42歳。
お疲れ様でした。

○飯田哲也(楽天)
♪キャッチャー、センター、セカンド、どこでも守れる、足なら誰にも負けない、韋駄天飯田~。
器用だわ、足は速いわで、なんとも手のつけられない選手だった。
相手チームのファンから見れば。
神宮で飯田のせいで何度阪神が負けたことか!
しかも目の前で。
私が見に行くと飯田が必ずいいプレーするんだよ!
キャッチャー、センター、セカンドのいわゆる背骨の部分は器用な選手でないとこなせない。
それを全部できるのだから飯田の非凡さが理解できよう。
素晴らしい才能の持ち主だった。

○カツノリ(楽天)
ハッキリ言ってプロで活躍できるような才能はなかったんだと思う。
それは本人が一番わかってたと思う。
つらかったよなぁ、きっと、と思う。
明らかに親の七光りだったしね。
親が名選手だったことも悲劇だったね。
この辺は長嶋一茂とおんなじような感じなんだろうな。

○新庄剛志(日本ハム)
この人についてはほかの記事で散々書いているので探して読んでね
新庄が引退した後のエンターティナーは森本だ、って言われてるが、森本以外にいないだろうが。
どうかかつてのウィンタースを目指してくれ。
…微妙な目標じゃねーか?ソレ。

○諸角兼司(ロッテ)
最初聞いたときに「諸角引退?そんな年じゃねーだろ?」と思って見てみたら37歳。
そうか、それなりに年だったのか。

ちなみに、ソフトバンクの金森コーチも不振の責任を取って辞任だそうだ。
…不振じゃないと思うけど
彼も阪神OBですからね。
残念だな。

ざっとこんな感じかな。
漏れてる人がいるかもしれないけど、気がついたらあとでフォローします。
引退される選手の皆さん、お疲れ様でした。
そして野球ファンを楽しませてくれてありがとう。
心から感謝します。
どうか、これから先も元気で素晴らしい人生をお過ごしください。

しかし、桑田はどうするのかね?
読売に残留はないと思うんだよね。
引退しちゃうか、他球団でプレーするかしかないんだろうけど、せっかくだから区切りの200勝までがんばってみたら。
オリックスなんていいんじゃないの?
清原くんいるし。

引退じゃないけど、松坂くんもメジャーに行くね。
でも、忘れないで欲しい。
君は日本球界の至宝なのだよ。
だから、新庄くんの言葉を忘れずに、数年プレーしたらぜひ帰ってきて欲しい。
「日本の選手がメジャーに行きまくったら日本のプロ野球がダメになる。」ってね。

|

« とにもかくにもまずは実践。 | トップページ | 鉄道ダイヤ情報2006年11月号。 »

コメント

こんばんは~。
最近、プロ野球を見てないけど、くうみんさんが書いてくれた選手の名前を見ると素晴らしい選手ばかりですね!本当に、お疲れ様!ですよね。。。 あれ~?くうみんさんは、いつ引退したんだっけ??(笑)

投稿: eimeis | 2006年10月17日 (火) 20:16

eimeisさん。
そうですね。
いい選手ばかりです。
どんな選手にも引退というのはあることで切なく残念ではありますがこれからもがんばって欲しいです。
私が引退したのはかれこれ…。
止めてください~。

投稿: くうみん@管理人 | 2006年10月17日 (火) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/12284123

この記事へのトラックバック一覧です: 第2のよい人生を。:

« とにもかくにもまずは実践。 | トップページ | 鉄道ダイヤ情報2006年11月号。 »