« やったね、っと。 | トップページ | それぞれの倖せのカタチ? »

2006年11月14日 (火)

おめでとう!長谷川選手!

いやぁ、ボクシングって面白いなぁ。
私に限らず、日本人てボクシング好きな国民だよね~。
テレビの歴代の視聴率ベスト10の中に2試合も入ってるってすごいよね。
最近、つまんない試合ばっかり見てるからよけい面白かったね。

長谷川選手、ガルシア選手(メキシコ)に見事判定勝ち!
おめでとうございます!!

今日の試合が本当のボクシングだ。
オーソドックスとサウスポーの対決も面白かったし、パンチ同士が当たって火花が出るような気がした。
それにしても、長谷川はすごい。
ウィラポンに判定で勝って、その後の防衛戦でKO勝ちしたときに「コイツは本物だ!」って思った。
ウィラポンの年齢的なものもあるけど、それでも相手はあのウィラポンだ。

長谷川もすごかったけど、それよりビックリしたのは相手のガルシアだ。
いやぁ、前に出てくるねぇ。
主導権とか手数なら負けてなかったかもしれないよ。
もちろん、結果的には長谷川の圧勝だったけど、ダウンが2回あるからね。
これでマイナス4点でしょ。
そんで減点が1あるから、ここでもう5点差ついているのだ。
しかぁし、最終的には5点の差があったかというと微妙だったんじゃないだろうか。
7ラウンドと12ラウンドは猛ラッシュがあったけど、長谷川はあんまり手数が出なかった気がする。
9ラウンドにもラッシュがあったね。
逆にガルシアはすごい手数だった。
ただし、当たんないのである。
上体を常に揺らし続けるイケイケのメキシカンスタイルなのだが、あんなに揺らすとスタミナ切れちゃうんじゃないかと思うくらい。
逆に長谷川は足が止まっちゃった。
途中からリングの中を回らなくなったね。
だからかわかんないけど、ガルシアに押されて後ろに下がるシーンが多かった気がする。
ちょっと心配になったよ。

それに、運もあったね。
長谷川はまぶたカットしちゃったから、あれがひどくなったらTKO負けになっちゃうのだ。
もちろん、そこに当てさせないのもチャンピオンのテクニックなのは当然だけど。
今回採用されたオープンスコアリングシステム、これは良かったかも。
リードされてるガルシアは一発KO狙いでラッシュしてくるし、まぶたをカットしてる長谷川もKOを狙ってくる猛烈な打ち合いになる。
これが9ラウンドだったワケで、相乗効果とでもいうのだろうか、結局面白い試合になったんじゃなかろうか。

それにガルシアは、狡猾なまでにクリンチがうまかった。
つーか多かった。
それと12ラウンドの長谷川のスウェーは見事だったね。
あれこそプロだなぁ、って思ったよ。
決定打が見たかったけどね。

なんにしても、長谷川は本物だ。
次の試合が楽しみだな。
期待してます。

|

« やったね、っと。 | トップページ | それぞれの倖せのカタチ? »

コメント

いや~きのうは良かったよね!おいらも見たよ!途中から


オープンスコアリングシステムっていうんだ!なんで途中でわかんだろ?とか思ってみてました。
わかるといいね!もう倒すしかないって負けてる方がなるからつっこんでくじゃん、もうドキドキハラハラ
長谷川のスウェーはみごとだね~おいらもあんなことしてみたい!

投稿: くろ | 2006年11月14日 (火) 23:00

くろさん。
いいよねぇ。
やっぱ亀田とは違うわけだ。
オープンスコアリングシステムっていうのは4ラウンドと8ラウンド終了時点でそこまでのジャッジを公開するシステムなんだって。
だから、そこまでのジャッジが分かるわけ。
今回から新たに導入されたシステムらしいよ。
面白いよね!
あのシステム。

投稿: くうみん@管理人 | 2006年11月15日 (水) 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/12677258

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう!長谷川選手!:

» 長谷川穂積vsヘナロ・ガルシア [ほんわか♪こうちゃん日誌]
WBC世界バンダム級タイトルマッチ 長谷川穂積vsヘナロ・ガルシアの試合が行われた。 長谷川、惚れたぜ これぞボクシング、これぞ世界チャンピオンと言う試合を見せてもらったと思う。 華麗なフットワーク、キレのあるパンチ、相手のパンチをかわ... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 00:56

« やったね、っと。 | トップページ | それぞれの倖せのカタチ? »