« 北塩原のまちをゆく。 | トップページ | 会津から、嵐の中を、東京へ。 »

2007年4月29日 (日)

会津喜多方ラーメン館。

さて、五色沼も見終わってクルマに乗り込む。
あー腹減った。
帰りに東北道を佐野でいったん降りてラーメンでも食って帰るかぁ。
「あのぉ…なにか間違ってませんか?」
女房が問いたもうしてきた。
そうか、そうだな。
ここは会津。
ラーメンといったら喜多方ではないか。
距離にして30キロだから30分くらいだろう。
東京で30キロだったら1時間半はかかるけどね。

というわけで来てみました。
ここは、「会津喜多方ラーメン館」。
Ramenkan
実はこのお店、いつもお世話になっている、ある方のご実家なのであります。
噂には聞いていましたが、来たことはなかったのです。
いやぁ、混んでます。
Ramenkan2
繁盛してます。
東北各地や関東、中には大阪ナンバーのクルマもいます。

店頭では店内で売っているラーメンの試食をやってます。
Ramenkan3
もちろんタダ。
これがうまいのでついつい買ってしまうのです。
よっ!この商売上手!!

さて、このラーメン館。
ご覧のとおりお土産屋さんなのでラーメンを食べるところはありません。
Ramenkan4

なので、同じ敷地内にある「たんぽぽ亭」に行ってみました。
喜多方ラーメンの特徴はちょっと太めのちぢれ麺とすっきりしたしょうゆ味にあります。
女房は限定の「ゆきちから」というラーメンを注文。
なんでも近くの塩川町で育った豚ちゃんを使っているんだとか。
一方私は、しょうゆ味が特徴だっつってんのに味噌チャーシューメンを注文。
だって、メニューの写真がうまそうなんだもん。

しばらくするとラーメンが運ばれてきました。
女房の方はきれいな色をしたしょうゆラーメンです。
Tampopotei_2
そのすっきりさと来たら見事なものです。
味わいがあってすっきりしている。
まさに喜多方ラーメンの真骨頂なのであります。

一方私の味噌チャーシューメン。
Tampopotei_1_1
チャーシューメンの名に恥じぬ量のチャーシューが入っています。
そしてこの味噌ラーメン…。
実に喜多方風なのであります。
みなさんがご存じの味噌ラーメンをだいぶすっきりさせた感じです。
イメージでは味噌汁に近いかも。
しかし、特徴のある味噌味だなぁ…と思っていたらそれもそのはず。
味噌も喜多方産のものを使用しているんだそうです。

いやぁ、おいしかったです!
喜多方ラーメンもいいですね。
ラーメン好きにはたまりません。

|

« 北塩原のまちをゆく。 | トップページ | 会津から、嵐の中を、東京へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/14907422

この記事へのトラックバック一覧です: 会津喜多方ラーメン館。:

« 北塩原のまちをゆく。 | トップページ | 会津から、嵐の中を、東京へ。 »