« ばあばがだいすき。 | トップページ | 100キロを走破します。 »

2007年5月 1日 (火)

鉄道員としての試練です。

府中にある多磨斎場まで出かけることになりました。
なんでかは落ち着いたら書きます。

明大前から京王線に乗ります。
ホームに行くと女性の駅員さんが男性の駅員さんと立っています。
近づいてみると「実習生」の名札が。
しかしちっちゃくってかわいい子です。
たぶん高校を出たてなのでしょう。

次の電車は急行高尾山口行き。
どっかで乗り換えですが先着するにはどこで乗り換えればいいのでしょう?
そこで、この子に聞いてみることに。

最初は「多磨斎場に行きたいんですけどどこで降りればいいですか?」って聞こうかと思ったのですがちょっと意地悪すぎるかと思って、「多磨霊園にはどうやって行けばいいですか?」と聞いてみました。
そしたらその子は、「え?たまれいえんですか?えっと次の急行で調布で相模原線に乗り換えて…」。
オイオイ、私をどこへ連れていく?
そりゃ多摩センター。
慌ててそばにいた男性の駅員さんが「ちがうちがう!」と停めます。
「次の急行でつつじヶ丘でお乗り換えです。」
了解、つつじヶ丘で乗り換えですね。

入社して1か月。
研修が終わって現場に配属されて、初めて喋った客が私だったかもしれないね。
駅員さんは覚えることが多くて大変だけど頑張ってください。
とりあえず多磨霊園は東府中のひとつ手前です。

|

« ばあばがだいすき。 | トップページ | 100キロを走破します。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/14933257

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道員としての試練です。:

« ばあばがだいすき。 | トップページ | 100キロを走破します。 »