« 喜如嘉七滝。 | トップページ | タナガーグムイ。 »

2007年6月24日 (日)

これぞ、やんばるの風景!

喜如嘉の七滝を出て、沖縄本島の最北端を一周してみることにした。
最北端といえば辺戸岬。
まずはその辺戸岬を目指す。

その途中。
やっぱり寄っちゃうんだよな、茅打ちバンタ。
Kayauchibanta
相変わらずの足がすくむほどの絶景。
ここに来るには国道58号線から脇道にそれて急な坂を登る。
国道58号線はこの下をトンネルでくぐっている。
でも、トンネルができる前はこの急坂を登ってきていたのだろう、ということは容易に想像できる。
なので、昔の旅人はここで一休みしたんだろうね。
最北端の辺戸岬まではもう一息だ。

そして、辺戸岬に到着。
ここは、以前に来ているのでトイレ休憩だけにして、飲み物を買ってすぐ出発。

ここから国道58号線を東側の海岸に沿って南下する。
途中の奥までが国道58号線で、そこからは県道70号線になる。
この道路はあまり車が通らない。
しかも最初のうちは海沿いを走るので絶景である。
ここは、去年通っていてあまりにもきれいな景色だったのでまた来たかったのだ。

国頭村の赤崎や楚洲のあたりである。
真っ青な海に白砂の海岸線。
Akasaki_1
遠景に赤い土の山が見える。
Akasaki_2
沖縄に来なければ見れない光景だ。

しばらく行くとガケの上に何かが見える。Akasaki_3
なんだありゃ?
鉄塔?
Propeller_1
うわ。
プロペラだ。
ってことはこれは風力発電?
Propeller_2
写真では見にくいのだが、「沖縄新エネ開発」と書いてある。
そしてこれも写真では分かりにくいのだが、非常にデカい。
そばにタバコでも置いて写真を撮ろうと思ったのだがそんなものは役に立たない。
そもそもタバコやめたから持ってないし。

これだけデカいのだが、これがガンガン回っている。
うーん、これだけだとどのくらいの電気ができるんだろうねぇ。

さらに県道70号線を南下する。
この道は車が少ない分動物の横断が非常に多い。
一番多いのは鳥。
ハトが多いようだ。
その中で見たことのないものが道の端っこにいる。
鳥だろうか。
黒っぽい体に黄色い嘴と足。
…ん?
まさか…。
でも…。
やっぱりそうじゃん!
ヤンバルクイナだ!!!

さっそくクルマを停めて見に行ったのだが一瞬で道路の脇に入り込んでしまい見つけることは出来なかった。
飛べない分、足はなかなか速いらしい。
それにしても特別天然記念物を目にできるなんてねぇ。
感激でしたわ。
よし、じゃあタナガーグムイに向かおうかね。

|

« 喜如嘉七滝。 | トップページ | タナガーグムイ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/17731580

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ、やんばるの風景!:

« 喜如嘉七滝。 | トップページ | タナガーグムイ。 »