« 診断の結果は…。 | トップページ | 究極の放送禁止歌。 »

2007年8月10日 (金)

世田谷・農大前、「百麺(ぱいめん)」。

整形外科が終わった後、成城の美容院に髪の毛を切りに行った。
病院が終わってから美容院である。
冗談みたい。
しかし、髪を切った直後は笑っちゃうくらい母親にそっくりだな。

そんで帰り路。
あらかじめ女房には、今日は時間がわかんないからご飯は外で済ませて来てくれるように頼んである。
ということは、なんでも私の好きなものが食べれるってことだ。
何を食べようかな?
できれば女房が一緒にいると食べられないようなものがいいんだけど。

あ、そういえば最近あそこに行ってないな。
そう思って途中でバスを降りる。
場所は農大前にある「百麺(ぱいめん)」というラーメン屋さん。
できてからもうずいぶん経つ。
10年くらいかな?
時間によっては行列ができるけど店内が広いのでそんなに混まない。

できたばっかりの頃はよく行ってたのだが、その後ちょっと味が落ちて行かなくなった。
それからしばらくして行ってみたらまたおいしくなっていたので、その当時、この店が帰り道にあったこともあってまた通うようになった。
それでも、三軒茶屋に引っ越してからは足が遠のいていたので、久し振りの来店となった。

店に入ると、いつからなのか券売機が設置されていた。
ここのラーメン屋さんは細麺と太麺があってそれぞれ選べる。
しかし、いつの間にかつけ麺ができている。
というわけで迷わずつけ麺(750円)をセレクト。

ここはラーメンもうまいし、たまには大盛りにしてもいいだろう、と大盛り(100円)どころか特盛り(200円)にしてみた。
これに、肉増し(100円)っていうのをセレクト。
そしてねぎご飯(250円)までつけてみた。
まさに「ひとりつけ麺フェスティバル開催中」なのだ。
Paimen
あ、そうそう。
ラーメンはとんこつで、太麺と細麺が選べる。
美味いよ。

出てきた麺は極太の平打ち麺。
全粒粉なのか、麺がグレーがかっている。
黄色い感じはしない。
もちろんカンスイのニオイもしない。
食す。
うまい。
つけ麺にはぴったりのカツオ風味なのだが、そんなに濃い味付けではない。
コッテリはしているのだが、しつこい感じではない。

あっという間に食べちゃった。
ここで実験したくなった。
これを別の麺で食べたらどうなるのか?
あのー、すいません。
これって替え玉って頼めるんですか?
「普通の細麺になっちゃいますけど…。」
構いませんぜ、試してみたいんで。
「普通の茹で具合だとかなり硬めになりますが…。」
じゃあ、柔らか目で…ってそういうこと言うってことは替え玉を頼む人が他にもいるってことね。

出てくる。
麺はとんこつによく合う極細の麺だ。
黄色がかった麺だが、カンスイのにおいはしないので卵麺なのだろう。

試しに食す。
…悪くない。
悪くないどころか非常によろしい。
うーん、このつけ麺ならまた食いに来たいなぁ…と割りスープを飲みながら思ったのであった。

|

« 診断の結果は…。 | トップページ | 究極の放送禁止歌。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/16064121

この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷・農大前、「百麺(ぱいめん)」。:

« 診断の結果は…。 | トップページ | 究極の放送禁止歌。 »