« 初めての善光寺。そしてバカ亀。 | トップページ | 戸隠神社の奥社。 »

2007年8月13日 (月)

戸隠・「そばの実」へ。

さて検討、協議の結果…というかそんなことをするまでもなく、戸隠に行こうということになった。
だって長野市の周辺でほかに見るとこったら東山魁夷館か松代の大本営くらいしかないんだもん。
行きたいところのリクエストは?と魔女(母親)に聞くと「上高地!」と即答。
あのねぇ…。
私だって上高地には行ったことはないけど、お盆休み真っ最中のいま上高地に行ったらエラいことになるだろう。
泊まりがけで行く人がほとんどだよな。
ガソリンかぶって火をつけるのと一緒だ。
文字通り火を見るより明らかだ。

んじゃあとりあえず戸隠方面を目指しましょう。
戸隠といえば戸隠神社。
戸隠神社は下から宝光社、中社、奥社で構成されている。
ほかにも九頭龍社と火之御子社っていうのもある。
普段はガラガラな道だが今日はお盆休み。
さぞかし混んでいることだろう。
しかしそこは地元の強み。
裏道を通っていったのだが残念ながら宝光社の手前あたりで軽い渋滞に当たり、中社の前で結構な渋滞に巻き込まれた。
こりゃあ今回は戸隠神社はあきらめますか。
ってことで昼飯を早めることにして、信州そばの名店「そばの実」に行くことにした。
現在11時20分。
今から行ってもたぶんすでに混んでるだろうから時間はピッタリだと踏んでみた。
店の前まで来るとまあ見事な「そばの実渋滞」。
ガードマンの交通整理が必要なくらい危険な状態になっている。

さぞかし混んでるだろうなぁと思っていたらさぞかし混んでいた。
でもそこはそば屋なので回転は比較的よくて30分ちょっと並んだら入店できた。

今までこの店には何度も来ているがちゃんとした記事を書いたことがないことに気がついた。
店内はかなり広い。
メニューは温かいそば、冷たいそばがあり、種類もけっこうある。
一番人気は天ざるのようだ。
信州といえば天ぷらで、どこに行っても天ぷらが出てくる。
この店の天ぷらは衣が薄く付いていて揚げ上がりも非常に良くてうまい。
ほかには三色そばというのがある。
普通のつゆ、とろろ、クルミと、つけ汁が3種類付いている。
このクルミも信州の特徴で、女房の実家でもよく出てくる。
この三色そばも人気がある。

そばはというと、これは文句なしでいまだに日本一うまいそば屋はここだと思っているほどだ。
私もそばは大好物。
でもね、前にも書いたけど、江戸っ子がいくらそばっ食いだって信州のそばには叶わないのだ。
なんたって水からして違う。
店先に手水鉢があって、水がチョロチョロ出ているのだがこの水がエラいことつめたい。
ついでに言えばトイレの水もエラいことちべたい。
この水でそばを作ればそりゃあうまいだろう。

そばというのは秋の食べ物である。
そばは秋に収穫するから新そばも秋に出る。
つまり夏はそばの端境期でありあんまり美味くはないはずなのだが、この時期でこれだけのそばは見事である。

食べながら魔女が言った。
「お兄ちゃんは子どもの頃からざるそばだったわよね。それじゃおかずになる物がないわよってみんなに言われてもひたすらざるそばだったわよね~。」
そう言われればそうだった。
でもとろろがあればそれを食ってたけど父親がとろろがキライだったからうちでは出なかったなぁ。
まぁ私のそば好きはそれだけ年季が入ってるってことだ。
あと子どもの頃に好きだった物はアジのたたきとか、…。
ヘンな子ども。
我ながら。

お陰様で日本一ウマいそばを腹一杯食べて大満足したのであった。
ついでに帰りに半生そばをお土産に買っていった。
会社の連中でこのそばを心待ちにしている人がいるのだ。
通販ではなんとホントにホントの粉が付いてるような打ちたてのそばも手に入る。
これも美味い。

ただ…。
あんまり安くはないな。
平均で千円くらいだね。
そばとしてはちょいと高めかもね。
美味しさがそれを上回ってるから気にはならないけどね。

|

« 初めての善光寺。そしてバカ亀。 | トップページ | 戸隠神社の奥社。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/16336309

この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠・「そばの実」へ。:

« 初めての善光寺。そしてバカ亀。 | トップページ | 戸隠神社の奥社。 »