« 電波時計の謎。 | トップページ | イヌのキモチ。 »

2007年8月 6日 (月)

日本一のちんどん屋、「ちんどん通信社」。

このたび、なんのご縁かちんどん屋さんとお仕事をする機会に恵まれました。
ちんどん屋さんの回ってもらうルートを先導するお仕事です。

ちんどん屋さんの名前は「ちんどん通信社」。
日本一のちんどん屋さんです。
「日本一」言うても「日本橋一丁目」ちゃいまっせ。(大阪限定。)
ホントのホントに日本一なのです。
実は今回、一緒にお仕事をさせていただくまで知らなかったのですが、ちんどん屋さんの全国コンクールがあるんだそうです。
場所は富山県富山市。
富山市はまちおこしをちんどん屋でやってるくらいですから。
ちんどん通信社さんはこのコンクールで8回も優勝してるんです!
わざわざ大阪から来ていただきました。
ほれ、ホンマに「日本一」でっしゃろ?

みなさん、ちんどん屋って見たことあります?
正直に言うと、私も今までほとんど見たことありません。(爆)
どんなイメージですか?
ただ、演奏をして練り歩いて宣伝をするってイメージでしょ?
パチンコ屋さんの前で開店の宣伝をしてるイメージ?
ハッキリ言います。
違います。
間違ってます。
ぶっぶー。

パチンコ屋もあるかも知れないけどそりゃあ、ほーんの一部の一部。
確かに演奏をして練り歩くということは間違いではないし、メインはそうなのですが、そこに至るまでのプロセスがすごいのです。
たとえば、場所によってご当地ソングを演奏したり、相手がお年寄りなら演歌、子どもなら童謡やアニメソングを演奏し、それだけでなく、ジャズやポップスなどなどなどなど。
まあ、幅広くそして深い。
平井堅の「瞳を閉じて」が聞こえた時には、「わお!そんなものまで!!」とビックリしました。
ホントは驚愕と感動と感銘と…なんだけど「ビックリ!」っていうのが一番的確な言葉だと思います。
とにかくいろいろな目線に合わせることができるんですね。

そして、口上に芸。
芸は南京玉すだれを見させてもらいました。
それと歌ですね。
ちんどん屋さんて歌うイメージないでしょ?
そんなことないんですよ~。
HPを見てもらうと分かるんですが、特にぴんきーちゃんの歌は最高でした。

こういったいくつもの芸術が重なって作り上げられたスーパーエンターテインメント、それがちんどん屋なのです。
本当に今回はそう思いました。

そうそう、一緒に回った若い子がぴんきーちゃんに惚れちゃって大変だったんですよ。
「あの人キレイですねぇ」「あの人キレイですねぇ」。
…お前の口からそれ聞くの何回目だ?
その後、写真を一緒に撮っていただけるってことだったので、じゃあ二人で撮ってもらうようにお願いしたら?って言ったんですよ。
そしたら、「そんなこと言えないですよ!ダメです!」
あのなぁ、お前が告白したってどうにもなるもんでもっつーの。
それに今日で終わっちゃうんだぞ。
どうにもならない相手とせめて写真だけでも撮らせてもらうのと、もう会えないって指くわえてるだけとどっち選ぶんだよ。
「え、でも~…。」
あー、もーいい。
デモもストライキもねぇ!(←古。)
機動力のある短気なデブ、くうみんちゃん動きました!
すんません、2ショットで写真撮ってやってもらえます?
私からお願いしましたよ。
「ありがとうございます!これ宝物にします!」
えっと…、それをぴんきーちゃんに言うのは当たり前だけど、もう一人言う人忘れてないか?(笑)
まあ、私に感謝しなさい。
あ、でも、コレ言っちゃってよかったのかな?(爆)

そして思ったこと。
皆さん、タフ。
私の場合、冷蔵庫のような体型を揺らしながらということもあって、ヒイヒイ言ってたんですが、プロであるちんどん通信社の皆さんは違います。
いや、当たり前ですけどご本人たちだって暑いんですよ。
でも、ちんどんの最中はそんなことはおくびにも出しません。
ホントにプロ中のプロです。
参考までに、冷蔵庫のような体型とは幅と奥行が同じ体型のことです。

それよりもなによりも素晴らしいのは皆さんのお人柄。
私のムチャな注文にもイヤな顔一つせず、お応えいただきました。
素人なのでとんでもないことばっかり言ってたんじゃないかと思います。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。m(_ _)mペコリ

うちの亡くなったおばあちゃんも芸事の好きな人で、民謡の名取りにまでなった人なんですがよく言ってました。
「才能は確かに必要。でも私は最初から自分に才能があったとは思ってないよ。努力は誰でもできること。努力して当たり前。一番必要なのは人柄なんだよ。これがないと人はついて来てくれないし、人の心を動かすことはできないんだよ。」
言うなれば「一に人柄、二に才能、三、四がなくて、五に努力」ってとこなんだろうなと思います。
私はこの言葉が大好きなんだけど、ちんどん通信社の皆さんはまさにこれに当てはまるんだと思います。
もちろん、演奏や口上は才能やたゆまぬ努力の上に成り立っているんだけど、その上を行く素晴らしい人柄に満ち溢れています。

ちんどん屋というものが実際どんなものか分からない人も多いと思います。
実際にお願いしてみてください。
そのエンターテインメント性に驚くはずです。
ちんどん通信社さんなら自信を持ってオススメできます。
私が言うんだから間違いない!
…まぁ確かにあたしゃそんなにエラくないけどさ。
でも間違いないよ、ウン。

最後になりましたが、ちんどん通信社の林社長、信之介さん、ジャージさん、おはるちゃん、そしてぴんきーちゃん。
武澤啓之様、大垣美華様、今回は本当にお世話になりました。
心よりお礼申し上げます。

|

« 電波時計の謎。 | トップページ | イヌのキモチ。 »

コメント

こんばんわ。

ばあちゃんがそんなに良い事言ってたんですか。
僕はあまり話す機会が無かったので。。。
とても感銘を受けました。

そんなばあちゃんのお陰で
うちの家系はみんな熱い人が多いんですかね

投稿: たくや | 2007年8月 6日 (月) 02:07

たくやくん。
そうですよぉ。
おばあちゃんの語録には素晴らしいモノがたくさんあります。
今でも言ってたことを思い出して、無謀なことをグッと押しとどめることがあります。
お父さんに聞いてごらん。
たぶん教えてくれるから。
教えてくれるのはこの言葉だと思うよ。
「しゃべるバカはわかるけど、しゃべらないバカはわからない。」
要するに「沈黙は金」ていうことなんだろうけど、おばあちゃん流に言うとこうなるわけ。
なかなかいい言葉でしょ?

あ、そうそう。
コメントなんですが、前の記事についてたのでこっちに付け替えておきました。

投稿: くうみん@管理人 | 2007年8月 6日 (月) 02:14

ちんどん通信社のぴんきーです。
くうみんさん、
こちらこそ、たいへんお世話になりました!
ありがとうございました!
世田谷の皆様にあたたかく迎えて頂いて、うれしかったです。
またご縁があるといいなあと思います!
またお会いできる日を楽しみに・・・お仕事がんばってください。
P.S. Sさんにもよろしくお伝えくださいませ!

投稿: ちんどん通信社 ぴんきー | 2007年8月 6日 (月) 17:53

ぴんきーちゃん。
おーっと!
なんとぴんきーちゃんご本人からコメントをいただきました!
ありがとうございます!
感激です!
本当にまたお会いしたいですね!
そのときにはよろしくお願いします!
PS.Sにはここに来るように言っときます!

投稿: くうみん@管理人 | 2007年8月 6日 (月) 19:13

はじめまして。管理人様と同行させていただきましたSです!!

管理人様、昨日はありがとうございました!どうも夢中になると突っ走ってしまう性格でして…キレイキレイしつこく言ってゴメンナサイ(笑)写真ありがとうございました。お礼送れてスイマセンです(汗)

そしてぴんきーさん。思いがけないところでメッセージが見れて本当にうれしいです!!!
こちらこそ、いろいろありがとうございました。
ぴんきーさんの笑顔は素敵でした★
来年も来ていただけることを願っています★
来月の東京での全国ちんどん博覧会、絶対見に行きます!
もっといろいろお話聞きたいです★
あとで直接お礼のメールするのでメル友になってくれたら嬉しいです★

投稿: S | 2007年8月 6日 (月) 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/16021042

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一のちんどん屋、「ちんどん通信社」。:

« 電波時計の謎。 | トップページ | イヌのキモチ。 »