« 再び帰りの越後湯沢駅。 | トップページ | まぁ、なんとか帰宅です。 »

2008年3月16日 (日)

再び帰りの越後湯沢駅。マニア編。

さて、普通の人は駅構内でお土産を買って終わるもの。
私は普通の人じゃないから終わらない。
もうちょっと時間があるので、駅前にでも出てみよう。

ここが越後湯沢駅の正面。
Yuzawa_sta

反対側を見るとバスのターミナルがあって、バスが2台停まっている。
Yuzawa_busterminal
同じようなカラーリングのバスなんだけど、正面に社紋が付いているものと付いていないものが。
左はあの田中角栄で有名な越後交通。
側面はこんな感じ。
Echigokotsu_side
右は越後交通から分社化した南越後観光バスのバス。
こちらも側面はこんな感じ。
Minamiechigokanko
そりゃあカラーリングが似てるわけだ。
でも、どう見ても東急バスだけどねぇ、コレ。

そんで端に目をやったらまた違うカラーリングのバスが。
Minamiechigokanko2
見てみたら、「南越後観光」の文字が。
あれ?
これも同じ会社のバスなの?
ずいぶんカラーリング違うなぁ…。
こっちはまるで西武バスみたいじゃん。

そこで、このバスの写真をバスマニアの友人の半ちゃんに送ってみた。
そしたら「あ、これね。元阪急バス。最近まで阪急のカラーリングで走ってたよ。」だって。
さすが先生。

あ、そうだ。
一応気になったので取っておいた。
これが越後湯沢駅の運賃表。
Yuzawa_fare
近距離で買える範囲は…。
只見線が会津塩沢まで。
信越線が茨目と保内まで。
弥彦線が燕三条まで。
飯山線が越後田中まで。
吾妻線が群馬原町まで。
両毛線が駒形まで。
信越線が北高崎まで。
八高線が倉賀野まで。
つまり上越線は近距離きっぷで全線買えるわけですね。

いつかは何かの際には役に立つかもしれない。
…立たないか。

|

« 再び帰りの越後湯沢駅。 | トップページ | まぁ、なんとか帰宅です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/40526088

この記事へのトラックバック一覧です: 再び帰りの越後湯沢駅。マニア編。:

« 再び帰りの越後湯沢駅。 | トップページ | まぁ、なんとか帰宅です。 »