« ピノコのベッド。 | トップページ | 男集まり酒飲むならば。 »

2009年6月17日 (水)

じいちゃんの思い出。

今日は6月17日。
なんの日だっけなぁ、なんかあったんだよなぁ…。
考えてみてわかりました。
今日は亡くなったじいちゃんの誕生日です。
いつも登場する殿様は母方のじいちゃんで、こっちの亡くなったのは父方のじいちゃんです。
殿様は91歳になった今でも元気いっぱいで困っちゃうぐらいです。

今年は13回忌。
なので、じいちゃんが68歳で亡くなってから丸12年が経ちます。
なんだかあっという間ですね。
昭和4年生まれだったので生きていれば今年でちょうど80歳です。
親子3代昭和生まれ。
父親はじいちゃんが21歳の時の子どもで、私は父親が24歳の時の子どもなのでじいちゃんは45歳でじいちゃんになったことになります。
私が今年で35歳で、じいちゃんが生きてれば80歳で、じいちゃんが亡くなったのが私が23歳の時で、じいちゃんが亡くなったのが68歳なので…。
ま、とにかくそういうことです。
計算は合ってます。

非常に若いじいちゃんだったので、フレンドリーだったかっていうとそんなことは全然なくて、思いっきり厳格なじいちゃんでした。
なんだろう、こう、昔ながらのオヤジというか、近づきがたいものがありましたね。
厳しい「日本の父親ここにあり」って感じでした。
そうかと思うと、お酒が好きで、酔っぱらっちゃあばあちゃんに愛の告白をしたり孫に頬ずりしたり。
私の中で一番思い出に残ってるじいちゃんの顔は、酔っぱらって鼻の先が赤くなってる顔です。

でも、私は一応初孫だったこともあり、かわいがってくれました。
小学生のころ、学校が終わってから、じいちゃんの家に行くことになっていたことがありました。
当時私が住んでいた田無から、じいちゃんの家があるひばりヶ丘まではバスで1本。
何のことはない距離なのですが、小学生が想像もできないような大雨が降ってきて、泣きながらじいちゃんに電話したら、わざわざお店を閉めて学校までクルマで迎えにきてくれたことがありました。
いま考えりゃ「ムチャいうなよ、マゴ」って感じですね。
我ながら。

でも、じいちゃんの思い出はやっぱり厳格なじいちゃんかな。
こんなことがありました。
所沢にあった仏具屋に、確かお盆提灯を買いに行った時のことです。
その頃、ひいばあちゃん(じいちゃんの母親)が亡くなった時期と重なるので、新盆で買いに行ったのでしょう。
じいちゃんとばあちゃんと私と3人でクルマで出かけました。
たぶん、私は小学校の3年生か4年生くらい。
初めて来た仏具屋さんに興味津々で、あちこち走りまわる私。
そんな私を見てじいちゃんが言いました。
「いいか、男っていうのはな、こうやって腕組みをして黙ってじっくりと商品を見定めるモンだ。」
当時、じいちゃんは不動産屋を営んでいたので、今から考えればモノを見る目は確かだったのかもしれません。
その時は「そーか、そーゆーモンなのか」と思ったことを覚えています。

こんなこともありました。
じいちゃんの家に泊まった晩のこと。
なかなか寝付けずに寝返りを繰り返していた私に、隣で寝ていたじいちゃんがこう言いました。
「いいか、男っていうのはな、寝るときは正面を見て、天井を見ながら寝るモンだ。」
その時も「そーか、そーゆーモンなのか」と思ったことを覚えています。

大人と言われるこの歳になってから思い返せば、じいちゃんは「男たるものいかにあるべきか」というのを教えてくれていた気がします。
3人の子どもを育て上げ、年の離れた3人の弟と妹を父親代わりに育て上げ学校まで出したんだから、よく考えりゃエライもんです。
「いろいろ苦労もしたよ」と今でもばあちゃんがそう言います。

ちなみに、私の父親もじいちゃんに似て昔ながらの頑固モノで、近づきがたいモノがありました。
私の性格はこの2人とは正反対。
子どもはいませんが、いたら相当な親バカになっているでしょう。
ここで突然変異を起こしたんですね。
どうしたんでしょうか。
でも、じいちゃんは孫を見てデレデレすることはありませんでしたが、父親は孫のあーちゃん(要するに弟の娘で、私の姪っ子)にデレデレなので、ここでも突然変異を起こしたのでしょう。
突然変異は私だけじゃないってことです。

そう考えると、今でも元気な殿様にもいろいろ影響を受けてるけど、よくよく考えてみりゃひばりのじいちゃんにもたくさん影響を受けて今日のワタクシがあるんだなぁ…と感慨にふける今日この頃です。
だって、こうやって記事にしてると「頑固モノ」がキライで否定してるように見えるでしょ?
子どものときは確かにそう思ったかも知れないけど、今は「頑固モノだって悪くないじゃないか。」と思ってますからね。

…待てよ。
私は父親が24歳の時の子ども。
私に今、小学校5年生の子どもがいることも想像できないけど…。
じいちゃんて45歳で孫ができてるんだよな。
…ってことはあと10年経つと私に孫がいても不思議じゃないってこと?
ひぇぇぇ~~!!

とにかくじいちゃんはエラかったんだなぁ、とこの歳になって改めて思います。

|

« ピノコのベッド。 | トップページ | 男集まり酒飲むならば。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/45364713

この記事へのトラックバック一覧です: じいちゃんの思い出。:

« ピノコのベッド。 | トップページ | 男集まり酒飲むならば。 »