« 素晴らしき哉、アラウンドフォーティー。 | トップページ | カーリングは楽しい! »

2010年2月19日 (金)

高橋大輔選手、おめでとう!

バンクーバーで行われている冬季オリンピック。
このブログを読み返してみると、自分の中で前回のトリノオリンピックではずいぶん盛り上がっているのに、今回はなんだか盛り上がっていません。
なんででしょうね。

さて、それはともかくとして今日は男子フィギュアのフリーが開催され、高橋大輔選手が日本男子フィギュアでは史上初のメダル獲得となる銅メダルを獲得しました。
いやぁ、スゴい。
大したもんだ。
おめでとうございます。

そもそも今回の男子フィギュアはスゴいのです。
なにがスゴいって日本から3人も代表選手が出ていること自体がスゴい。
そして織田信成選手が7位、小塚崇彦選手が8位。
全員入賞です。
大したもんです。

しかし、残念だったのは織田信成選手。
途中で靴紐が切れるという信じられないアクシデントに見舞われ演技を中断せざるを得ませんでした。
私もアイススケートが好きで、かつてはアイスホッケーもかじったことがありますが、靴紐が切れるなんて初めて聞きましたし信じられません。

靴紐が切れる。
私と同じ30代後半の人はみんなこうツッコんだことでしょう。
「テリーマンか!」

それでも7位入賞。
涙のインタビューが印象的でした。
かつてのマラソンの谷口浩美選手のように「コケちゃいました~」と言うには彼はまだ若すぎるようです。

小塚選手の演技はカンペキに見えましたが、織田選手は演技の中断があったにも関わらず小塚選手を上回りました。
小塚選手は世界の壁の厚さを実感したことと思いますが、織田選手は結果に自信を持って胸を張っていいと思います。
あなたは日本の男子フィギュア界に歴史を刻んだのですから。

だって演技を中断したのに7位だったんですよ。
世界の中の7位ですからね。
昔の田無市の中学校で4位とはワケが違うのです。(ちなみに田無市には中学校は4つしかありませんでした。)

でも、もしあのアクシデントがなかったら…。
それは言ってはいけないのです。
さっき言ったでしょ。
織田信成は歴史になったって。
歴史に「たられば」「もしかも」は禁物なのです。

|

« 素晴らしき哉、アラウンドフォーティー。 | トップページ | カーリングは楽しい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/47621484

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔選手、おめでとう!:

« 素晴らしき哉、アラウンドフォーティー。 | トップページ | カーリングは楽しい! »