« いやぁ、大変でした。 | トップページ | 残暑が厳しいどころじゃないざんしよ! »

2010年8月31日 (火)

丸くやらないかい?

口、というか言葉というのはなくてはならない便利なものである反面、なかなか厄介なモノなんですね。
最近、なんだか口と腹というのは別モノなんだなぁ、ということをよく感じます。
この場合は「腹」よりも「肚」と書いた方がしっくり来るかもしれません。
口から発せられた言葉が必ずしも心中と同じではないんですね。

マラソンで「一緒にゴールしようね」って言っといて先にゴールしちゃうとか。
「ヒマだからいつでも誘ってくださいよぉ」なんて言う人に限って予定が詰まってたりとか。
「なんでもお互い秘密はなしでオープンに付き合いましょうね」なんて言う人に限って口が堅かったりとか。
そんでこっちが本音をしゃべったりするとあとでエラい目に遭ったりとか。
私なんかはお人好しなモンで、人の言葉を真に受けてついつい本音を言って痛い目に遭うなんてこともよくあります。
要は粗忽者なんですな。

「粗忽」というのはそそっかしいってことです。
世の中には粗忽者とそうでない人がいますね。
私なんかは粗忽者の部類に入ります。

落語の演目で「粗忽長屋」というのがあるように、お江戸の昔からそそっかしい人は当たり前ですがいたんですな。
でも粗忽者は粗忽者で、そう出ない人と助け合って生活して来たはずなんですね。
なんだかそうゆうことがなくなって来ている気がします。
八っつぁん熊さんの世界は落語の中にしかないんですかね。

人の肚と口は別モノ。
わかっちゃいるつもりなんですがね。
なんとも世知辛い世の中であります。

|

« いやぁ、大変でした。 | トップページ | 残暑が厳しいどころじゃないざんしよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/49323384

この記事へのトラックバック一覧です: 丸くやらないかい?:

« いやぁ、大変でした。 | トップページ | 残暑が厳しいどころじゃないざんしよ! »