« 事件は身近で起きている! | トップページ | 来た来た来た来た! »

2010年9月20日 (月)

インナーマッスルも鍛えないとね。

タウンページのCMで、石原良純が「なにか困ったことはありませんか?」って聞いているのを見るたびに「そら、アンタがところ構わず訪ねてくることやがな」とツッコまずにはいられない管理人です。

今、ダイエット中です。
2週間目に入ってますが、大きな動きはまだないです。
2~3キロは減ったでしょうけど、私の場合母数が違うのでこの位はモノの数に入りません。
それこそ、トイレに行ってウ○コ1回すればそのぐらいは変わりますわ。

太るとね、息が上がりやすくなるんですよね。
よくデブって息が荒くてハァハァしてるじゃないですか。
アレってね、脂肪がたまって肺や横隔膜を圧迫しているからなんです。
当然呼吸量も減ります。
多くの酸素を取り入れたウォーキングやジョギングなどのいわゆる「有酸素運動」を行うと脂肪が燃焼されるのは今や常識ですね。
私も以前に医者にレントゲン写真を見せられて、肺が内臓脂肪に圧迫されているのを見たことがあります。
かつては肺活量を測ると機械を振り切るくらいだったんですが、今は多分半分もないでしょう。

取り込む酸素の量が減れば、当然脂肪の燃焼量も減ります。
なので、呼吸を大切にして深呼吸をすることで横隔膜を鍛えることにしました。

そこで、インターネットでいい方法を探してみたのですが、やたらとヒットしたのが「あるある大事典」。
以前に「横隔膜ストレッチ」という特集をしたらしくその方法が載っています。
この番組といえば「納豆ダイエット」のヤラセが発覚して打ち切られたことで有名です。
でも、それ以外はいい特集ばかりを組んでるんですよね。
もったいない。

私も横隔膜が筋肉痛になるくらい鍛えてみようかと思います。
そうすればきっと効果が出てくるでしょう。
出てくるでしょうけど、それはいつのことになるやら…。

|

« 事件は身近で起きている! | トップページ | 来た来た来た来た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/49532849

この記事へのトラックバック一覧です: インナーマッスルも鍛えないとね。:

« 事件は身近で起きている! | トップページ | 来た来た来た来た! »