« ナゾの「松田聖子クイズ」。 | トップページ | ちょっとカッコイイからだよ。 »

2011年2月 6日 (日)

おばあちゃんが来ちゃうぞ!

先週、秩父に「三十槌の氷柱」を見に行ったときに捻った右足首がなんとなくまだ痛い気がする。
よく考えるとここは、ハタチの頃に「原チャリで電柱にケンカを売る」という無謀極まりないことをして大ケガをした部分なのだ。
なので、「歳を喰うと古傷が痛む」という昔からの言い伝えの通り、15年以上経った今頃になると寒い時期に痛むのだ。
ただでさえそんな部分なのでよけいに痛むのかも知れない。

先週、大宮にある女房のおばちゃんのうちに行った時に、「まだ足が痛い」と言ったところ、敏感に反応したのはおばあちゃん。
「ほぉ!ほぉ!くうちゃん、足出しなさい!おばあちゃんが湿布貼ってあげるから!」
そう言うと張り切って湿布を取り出して来た。

ちなみに「ほぉ!ほぉ!」ってゆうのは信州の人がよく言うかけ声で、東京で言えば「ほら!ほら!」とか「さぁ!さぁ!」とかそんな感じである。
最初のうちは「いや大丈夫だよ」なんて言ってたんだけど、ここまで言われると私も断りきれないので貼ってもらうことにした。

「おばあちゃんもね、こないだ捻挫して。注射器1本分水が溜まって抜いたんだよ!そんなになったら大変!まずね、この湿布はね、ここを剥がして…」となんだか実に楽しそうなのである。
おばあちゃん、ひょっとして湿布貼りたがり?

そういえば、こないだもうちに来たときに女房が愛犬ピノコにエサをあげてたら、おばあちゃんがジッと見てるので、「おばあちゃんもくれたい?」って聞いたらコクンってうなづいて楽しそうにエサくれてたもんなぁ。
(注:ちなみに東京で、モノをあげるときに「くれる」って言うと「くれてやる」みたいなガラの悪い言葉に聞こえがちですが、信州では「あげる」という言葉を普通に「くれる」と言います。)

もうね、おばあちゃん、プリティなんですよ。
何でも参加したがる、というかやりたがる。
だから、80過ぎてからメールを覚えて絵文字入りのケータイメールを送ってくるようなバイタリティがあるんだよな。

ちなみに、先ほどおばあちゃんから「足の具合わどうですか?無理おしないようにしてくださいね」とケータイにメールが来ました。
少々の誤植は大目に見てあげてくださいな。
でも、心配してくれるというのはありがたいこと。
感謝してます。

|

« ナゾの「松田聖子クイズ」。 | トップページ | ちょっとカッコイイからだよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/50788101

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃんが来ちゃうぞ!:

« ナゾの「松田聖子クイズ」。 | トップページ | ちょっとカッコイイからだよ。 »