« 私は変わっていないと思うのだが。 | トップページ | TDRの信頼性は確かだ。 »

2011年9月 4日 (日)

2年ぶりに「恋をしてゆこう」の撮影場所判明!

うちの女房は、昔からの徳永英明のファンである。
今では昔ほど夢中になることはないもの、「まぁなんて言うかね、成熟したファンだから。徳のことを優しく見守る、みたいな感じ?」だそうだ。
知るか。

女房が今ハマってよく聞いているのはなぜかB’zなのだが、こないだも友だちのりっちゃんに「オヨちゃん(女房のこと)がB’z聞いてるなんてヘン〜。オヨちゃんは徳永英明しか聞かないんじゃないの?」って言われてたくらいだから年季が入っていることには間違いない。

さてさて、実は以前に徳永英明の「I Love You」のPVの撮影場所を推測したことがあり、そのことを記事にしたことがある。

実はこのブログでも1、2を争うくらい反響があった記事だったのだが、その中でみあさんとゆう方から、こんな質問をいただいた。
『恋をしてゆこう』の撮影場所はわかりますか?」
見返してみたら、もう2年も前のことになる。

そのときはあまりのヒントのなさに解明をあきらめてしまったのだが、こないだ「もう少し見てみようかな」と思って、久しぶりにPVを見直してみた。

ヒントになりそうなのは…。
●113系が出てくる。
●海が出てくる。
●青いトラス橋が出てくる。

海があって、113系が走っている場所といったら千葉県の内房線、外房線くらいしかない。
常磐線にも走っているかもしれないが何となく雰囲気が違う気がする。
113系の塗装は「スカ色」と言われるくらいだから横須賀線にも走っていて、横須賀も海があるが走っている部分はトンネルばっかりだ。
このPVは徳永英明が気持ち良さそうに海を眺めている車窓が映っているのだが、横須賀線にはこんな場所はないはずだ。
ここまでは前回推測した部分だ。
今回はここから先。

冒頭のシーンで車窓に出てくる青いトラス橋。

Koiwoshiteyukou1
これって特徴的じゃないのかな?
ヒントになるんじゃないのかな?
そう思って探したんだけど、まあ、ヒントにならないならない。
全くって言っていいほどヒットしない。
トラス橋なんてどこにでもあるってことか。

まあ、電車は113系で間違いないわな。

Koiwoshiteyukou2
このレトリックな内装は間違いないだろう。
上に映っている網棚もなかなかの年代モノだ。

前回ヒントがない、って言ったんだけど、よくよく確認してみたらそこそこヒントはあるではないか。
特にヒントになるのはPVに出てくる駅。
この駅がどこの駅かわかれば撮影場所もわかるではないか。

Koiwoshiteyukou3
あ、やっぱり電車は113系だったね。

そんじゃあ、前回の推測を信じて、内房線、外房線で絞って探してみようかと思って気がついた。
あれ?
この海岸ってやたらと岩がゴツゴツしてる。

Koiwoshiteyukou4
これってリアス式海岸に近いんじゃなかろうか?
内海である東京湾の中にリアス式海岸があるわきゃないわな。

それに、ちょっと沖合に岩山のようなモノも見える。

Koiwoshiteyukou5
東京湾にはこんな岩山ないわな。

そうなると、内房線は消える。
そうなれば、ほぼ外房線と思って間違いない。
なんだ、絞り込みはカンタンだったんじゃないか。
何やってたんだ、2年前の私は。
じゃあ外房線に絞って探してみよう。

映っている駅は島式のホームだ。

Koiwoshiteyukou6

でも、ちょっと気になることが。
このホームの先はすぐにトンネルになっているようなのだが、その穴がひとつしか見えないのだ。
ってことは、この先は単線?

そして、この駅は交換が可能な駅ということになる。
それにこの駅、左の線路はまっすぐだけど、右の線路だけが弧を描いていないか?
駅の取り付け方は、線路に対して均等ではなく、本線に当たる直線部分に対して側線の形で貼り付ける構造になっている。
つまりこうゆうことだ。

じゃあ、外房線の配線を調べれば案外カンタンにわかるかもしれない。

今どきとゆうのは大変便利なモノで、モノ好きな鉄道マニアの人が配線図を載せてくれているページがあるのだ。
モノ好きってのも失礼な話だな
大いに役に立ったんだから。
お礼を言わねば。
ありがとうございまする。
ま、私もモノ好きな鉄道マニアってことで。

ところが、この外房線の配線図を見てみたら意外なことが。
外房線には単線区間は非常に少なく、しかも交換が可能で貼り付け形の駅はひとつしかないのだ。
あれ?解決?

でも、確証は持てない。
間違いない証拠がほしい。
そこで気がついたのだが、「恋をしてゆこう」のPVはYoutubeに掲載されている。
最近では、Youtubeに電車の先頭にカメラを設置して、いわゆる「列車展望ビデオ」のような画像が大体投稿されている。
そこで外房線を探したところ…。

ありましたよ、外房線。
早速、該当の区間を見てみた。

おおお!
このホーム上の小さな小屋も、歩道橋のような跨線橋も間違いない。
海側に駅屋があるのも同じだ。
ということは、この駅に間違いないだろう。
その駅とは、外房線の「鵜原駅」だった。
つまり、私の推測どおり、あのPVは外房線で撮影されていたのだ。
どうだ!
…と、女房に言ってみたのだが、「ふーん」と。
おい。

試しに「徳永英明 鵜原」でググってみたら、「徳永英明さんがPVの撮影をされるので鵜原海岸の駐車場は封鎖になります」ってツイッターが。
こりゃ間違いないな。
それどころか、このPVが縁だったのか、鵜原を知っていてこのPVを撮ったのか定かではないのだが、この後の「黄昏を止めて」が採用されたアイシスのCMも鵜原で撮影されたそうである。
「徳永英明 鵜原海岸」でググったら出て来た。
なんなら、「徳永英明 恋をしてゆこう 撮影場所 鵜原海岸」でヒットすりゃ良かったのに。

結局、まあ、ほっぽらかしておいた期間がほとんどなのだが、なんだかんだで解決まで2年もかかってしまったな。
とりあえず解決できてスッキリである。
いつかみあさんも見に来てくれるだろうか?
お役に立てたかな。
もう期限切れかな、やっぱ。

|

« 私は変わっていないと思うのだが。 | トップページ | TDRの信頼性は確かだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/52643957

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりに「恋をしてゆこう」の撮影場所判明!:

« 私は変わっていないと思うのだが。 | トップページ | TDRの信頼性は確かだ。 »