« 女子高生との笑える朝のひととき。 | トップページ | 鬼の霍乱とピノコの献身っぷり。 »

2011年11月30日 (水)

そりゃあ知らなんだ。

今日は、部屋の設備の定期点検とゆうことで休暇を取りました。
こんなことでもないと休暇を取らない典型的日本人な私。
若い頃はこんなんじゃなかったのにね。
すぐに遊びに行くって休暇取っちゃうようなね。

業者の方が点検に来てくれたんですが、普段は鳴かない愛犬ピノコが、今日に限ってずっと吠えっ放し。
しょうがないんでハウスに入れて「ダメ!」ってしたんですけどね。
ダメって言えば鳴かないんでいい子にはいい子なんですよ。
でも、なんで今日に限って…。

女房が帰って来たんで、その話をしたら「それはたぶん『だれかしらないひとがきたちゃん!ぴのこがとおちゃんをまもってあげなきゃいけないちゃん!』って思ったんだよ。」って。
へ?
なんで?
オレ、ピノコに守られるの?
「だって、とおちゃん、明らかにピノコより下に見られてるもん。」
がーん!と。

そっかぁ。
ゴロンって横になって高い高いをすると結局ピノコが上になるから良くない、とかはいろいろ考えてるんだけどねぇ。
とゆうことは、私が散歩に連れてくのも「散歩一緒に行ってやる人」なのですね。

「だって、とおちゃんはピノコのでっかいオモチャだもんねぇ!」
オイオイ、それを言ったらミもフタもないじゃんか。
言い得て妙だけど。

|

« 女子高生との笑える朝のひととき。 | トップページ | 鬼の霍乱とピノコの献身っぷり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そりゃあ知らなんだ。:

« 女子高生との笑える朝のひととき。 | トップページ | 鬼の霍乱とピノコの献身っぷり。 »