« きぼうちゃん。 | トップページ | 太陽にほえろ「逆転」。 »

2012年4月 4日 (水)

春の大嵐。

しかし、昨日の嵐はすごかったですね。
予告されていたこととはいえ東京はちょっとしたパニックでした。
新しい職場になって久々に電車通勤を楽しんでいるのですが、まさに帰りにこの嵐のピークがドンピシャ。
電車が停まったので乗り込もうと思ったら抑止がかかってしまい、その場で運転見合わせになってしまいました。
さすがにこんなにタイミングがいいのは初めての経験です。
仕方ないので、しばらく歩いてからバスを乗り継いで帰ってきました。
帰りしなに傘をやられないように必死で守っていましたが、自宅の直前で風に煽られておちょこ状態に。
バラけることはなかったものの骨がやや曲がってしまい、閉じなくなってしまいました。
うちに着いて直したものの、ビニール傘にここまで手をかける必要があるのかと考えちゃいましたが。

その後、女房から「帰れまちぇ〜ん」とヘルプが来たので新宿までクルマで迎えに行きましたさ。
さぞや道路はガチガチかと思いきや、これがさにあらずで気持ちいいくらいガラガラでした。
きっと多くの会社が早めの帰宅を促したからでしょう。
もちろんうちの会社は定時までガチガチのハードワーク。
ステキです。

そんな嵐の中、どうでもいいことを考えてしまいました。
それは昔話にある「北風と太陽」のお話。
北風と太陽のどちらが旅人の外套を脱がせられるかとゆうお話です。
嵐の中で私の外套はビショビショになってしまいましたがこれしか雨を避ける手段はなく、絶対に脱げない状態でした。
やはる外套を脱がせるのは太陽ですね。
とゆうか、それ以前に片や「全ての命を司り文字通り太陽系の核をなす存在」、片や「地球上の気温の変化等によって発生する空気の流れ」ですよ。
北風が太陽に挑戦すること自体烏滸がましいワケです。
まさに月とスッポン。
最初っから勝負にならないワケです。
…こんなしょーもないことをあの嵐の中で考えてる私ってカワイイでしょ?

|

« きぼうちゃん。 | トップページ | 太陽にほえろ「逆転」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121819/54422890

この記事へのトラックバック一覧です: 春の大嵐。:

« きぼうちゃん。 | トップページ | 太陽にほえろ「逆転」。 »