« ◎それはムリ。 | トップページ | ニュー青梅。 »

2012年5月15日 (火)

ぴのこはわるくないちゃん。

実にバ飼い主な発言ではありますが、うちの愛犬ピノコは小さい頃からシッカリしつけをしたせいか、実にいい子です。
まず、人前で吠えたりはしません。
ただし、例外として必ず吠える時があります。
それはお留守番をさせられる時です。
ピノコは自分を人間の女の子だと思っていますし、ポメラニアン自体がみんなといたい性質が強い犬種ですので、仲間外れにされるコトをとてもイヤがります。
でもね、ピノコは賢いので私たち夫婦が仕事に行く時は吠えたりしません。
それどころか、朝身支度を整え始めると「とおちゃんとかあちゃんがおしごとにいくからぴのこははうすでおるすばんしなきゃいけないちゃん」と自分でハウスに行ってお留守番の体制になります。
エライでしょ?
うちのムスメ。
ところが、それ以外でお留守番をさせようものなら大変です。
必ず吠えるからです。
これはどこかに出かけてクルマにお留守番をさせる時も一緒です。
こないだ、ピノコを座らせて話をしました。

いい?ピノコ。
あのね、ピノコが吠えるってゆうのは「みなさ〜ん!いま、このおうちるすですよ〜!とおちゃんもかあちゃんもいませんよ〜!ぴのこがひとりでおるすばんしてますよぉ〜!わんわん!」って言ってるのと同じコトなんだよ。
わかる?

そんなコトを言ったら「ぴ、ぴのこね、なんのことかわかんない〜ちゃん♪」と目を逸らします。
目を逸らすのは服従のしるしなので、私が何かについて叱っていることはわかっているようですが。
もっとも、イヌは悪いことをしたらその場で怒らないとダメなくらい記憶の賞味期限が短いので、ここでなにを言ってもムダなコトは百も承知です。
でもね、出かける時もできるだけ連れて行きたいし、アホみたいに吠えるのもたまにのことだし、それはそれでカワイイなぁ、とか思ってしまう…とゆうのが一番良くないことはわかっているのですがね。

ちなみにピノコはあれからもお留守番の時は吠えるので、やっぱり私がなにについて叱ったかはわかっていません。
ま、そりゃそうだ。

|

« ◎それはムリ。 | トップページ | ニュー青梅。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぴのこはわるくないちゃん。:

« ◎それはムリ。 | トップページ | ニュー青梅。 »