« 3月10日って何の日? | トップページ | 夫婦の領分。 »

2013年3月11日 (月)

またも消え行く都営バス。

今日は東日本大震災が起こった日です。
被災された方、犠牲になった方に心を留め、地震の発生した時刻には黙祷を捧げました。
あと、今日が命日の女房のおじいちゃんにもね。

さて、全国3000万の路線バスマニアの皆さん、こんにちは。
世田谷在住、路線バスの鬼と一部で言われているアタクシです。
今回は一部のバスマニアの方以外はなんのこっちゃわからないコアな内容です。

バスマニアの皆さんには大変残念なお知らせです。
都内路線の至宝とも言うべきあの東98系統から都営バスが消えることになりました。

実はこの情報は昨日初めて知りまして、今日早速取材に行ってきた次第です。

かつて東京は山手線内を営業区域とする都営バスとその周辺を走る民営バスがそれぞれの区域を跨がる相互乗入を実施していました。
しかし、地下鉄の開通や交通事情などからその数は減っていき、今では本当に数が少なくなってしまいました。

東98系統は東京駅から世田谷の等々力を結ぶ数少ない共同運行による相互乗入路線です。

それが、今月で共同運行を解消し来月から東急バス単独で運行することになりました。

さらにショックなことですが、同じ長距離路線であり、我が家の近くを走っていた新宿駅からの宿91系統も新代田駅~駒沢陸橋の運転を打ち切ります。
これで世田谷区内には宿91系統の大原町~ 新代田駅のわずかな区間のみが残ることになります。
また、目黒区内においては、現在東98と宿91系統のみが都営バスの路線として存在しているため、目黒区から都営バスの路線自体が消滅します。
かつて目黒区には目黒営業所が存在しましたが、それが品川の港南支所に吸収される形で移転し、路線自体がなくなってしまいます。(目黒駅から都心方向には都営バスは走っていますが、目黒駅自体が品川区にあるため目黒区は通りません。)
なんとも寂しい限りです。

とりあえず、操車所をのぞきに行ってみました。

こうして、等々力操車所で都営バスを見られるのもあと少しですね。
発車する直前に運転士さんに撮影の許可をもらって行き先を出してもらいました。

ホントは等々力ゆきが良かったんですが、都営バスの東98系統の表示ももう見られなくなるのでこれでもOKです。

そしたら運転士さんが「あっちの方が珍しいよ。W台だから」って。
このバスはYなので港南のクルマです。
あーそーなんだー、廃止も近いから他の営業 所から応援に来てるんだー、くらいに思って帰ってきちゃったのですが、よく考えたらWとゆうのは青梅支所の記号です。
青梅のクルマは全車があと乗りの整理券仕様!
そんなバスが世田谷にいたとは!
もう、すげーガッカリです。

東98系統はかつては目黒駅~東京駅を首都高を経由していた時期もありました。
路線自体が消滅するワケではないのですが、また世田谷区から都営バス消えて行きます。
ホントに寂しい…。
あ、もう一つの路線である宿91系統はうちから近いところを走っているので、今度の休みにでも眺めてきます。

|

« 3月10日って何の日? | トップページ | 夫婦の領分。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またも消え行く都営バス。:

« 3月10日って何の日? | トップページ | 夫婦の領分。 »