« 新横浜の奇跡。 | トップページ | 今日は短くスッキリと。 »

2013年10月28日 (月)

◎218,340,105,584,896。

どうも仕事場のプリンタの調子がイマイチなんです。
あー、本社に言わなきゃなあ、なんて思ってたらうちのメンバーが「アタシ、このパソコンと相性悪いのかなぁ。印刷がうまく行かない…。」って。
いや、だからね、あのプリンタの調子がイマイチって言ってんじゃん。
うちのパソコンはみんな一緒だからどの組み合わせでもダメってことになるよ。

さて、パソコンと組み合わせで思い出したんですが、以前にシステム開発をしたことがあるんです。
私のようなこんな素人がでっせ。
このシステムはお客さんに個別にIDを発行して、ログインして利用してもらうもの。
つまりパスワードを発行しなきゃいけないんです。

最初にログインしたら好きなパスワードに変更してもらえばいいんですが、最初はパスワードを付与しなきゃいけないんです。
パスワードは8ケタで数字とアルファベット(大文字小文字混在)の組み合わせ。
つまり、1ケタあたり「数字10種類+アルファベット大文字26種類+小文字26種類」で62種類の文字が使用できます。

しかしここで問題が。
このシステム、比較的利用者層の年齢が高かったので、0とoとO、1とl、9とqが区別しづらいってのが出てきたんです。
いや、こんなの私だって区別つかないから。
年齢層高いとかって理由じゃないから。

ホントにこれだけの複雑なモノが必要なのかね?ってことでどのくらいの組み合わせがあるのか計算してみたんです。
要は62の8乗ですね。
そしたらなんと実に、218,340,105,584,896通りですよ!
数字じゃよくわかんないでしょうからわかりやすく書くと、218兆3401億558万4896通りですよ!
218兆通りってアンタ…。

これいらんよね。
絶対にこんなにいらんよね。
数字だけだって8ケタで1億通りあるんだからさ。

それからいろいろと話し合って結局は数字だけで行くことに決めました。
確かに組み合わせが多い方が安全ではあるけれど、実際に使ってもらえなきゃ意味がない。
「作り手の思いだけでユーザーのことを考えないとうまく行かない。」
「どんなに優れたことだって周りにわかってもらえなきゃ何の意味もない。」
そんなことがよくわかったいい経験で、今ではいい思い出です。
その当時は必死でしたけどね。

ちなみに私の知識の8割ほどは生きていくのに必要のないモノで占められていますが、この「62進法で8ケタあると組み合わせは218兆通り強」ってのはランキングのかなり上位にランクインされています。

その後、この知識をなにかに使ったかって?
いま、ここでネタとして書いてんじゃないですか。
ほら、役に立った。
…立ってねー。

|

« 新横浜の奇跡。 | トップページ | 今日は短くスッキリと。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◎218,340,105,584,896。:

« 新横浜の奇跡。 | トップページ | 今日は短くスッキリと。 »