2012年5月21日 (月)

やっちまっただらけの毎日、2連発。

なんだか今日は盛りだくさんの一日でした。
なんたって今日のメインは金環日食でしょ!
…起きたら9時過ぎてたとだけ言っておきましょう。
だって〜、東京天気悪いかもしれないから見られないかもって言ってたし〜。
観察用のメガネも持ってないし〜。
「ほらぁ、やっぱり見えなかったんじゃん!」って言おうと思ったんだけど東京でもけっこう見れたみたいね。
う〜む、複雑な心境…。

子どもの頃からの友だちからもいろいろメールが来て、「22年前は誰と見るんだろう、とか思ってたよねぇ」なんて言うワケ。
なんで22年前?
そんな前から知ってるの?
そう思ったのですが、なんでもドリカムの「時間飛行」という22年前に発売された曲の中に「2012年の金環日食…」とゆう歌詞が出てくるんだそうです。
22年前とゆうと、私は高校1年生。
我々の青春の中ではドリカムは大きな比重を占めていたはずで、それならば私もその歌詞を知っていてもいいはずなのですが、なぜか知らなかったです。

そんな中、夕方に女房と晩ご飯の買い物に。
そしたらなんか変で…。
あれ?
なんかおかず買ったよね?
それをアテにしてたはずなんだけど…。
なんだっけ?
…。
……。
………。
あ!
昨日、テラスモール湘南で買ったシラス忘れて来た!
せっかくお姉さんが「忘れないようにケータイに電話しましょうか?」とまで言ってくれたのに!
「いやぁ、そこまではバカじゃありませんよ」とか言って断ったのに!
私はそこまでバカだったか、やっぱり。
しかも、この時間まで思い出さないなんて。
その場で速攻テラスモールに電話して確認しました。
やっぱろあるそうです。
そりゃそうだ。
ハイ、明日また辻堂ゆきが決定しました。
…なにやってんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

テラスモール湘南に行く。

昨日は女房の妹の誕生日でした。
早いモノで32歳ですって。
初めて会ったときはまだ中学生だったので、ホントに早いもんですよ。

なにが欲しいか聞いたら「長財布!」と即答。
流行ってるらしいですね、長財布。
なんでもお金が貯まるとか貯まらないとか。
流行に敏感な私は、流行になる前から長財布を使っていますが、お金が貯まるかどうかは疑問です。

買い物に行こうとゆうことになって、どこか大きなアウトレットかショッピングモールに行くことに。
そこで、辻堂にある「テラスモール湘南」に行くことにしました。
ここには何度か行っているのですが、我が家のある世田谷からは第三京浜を使うと早ければ1時間ほどで到着します。

ここのフードコートには「とびっちょ屋」とゆう、江ノ島に本店のあるお店が出店していて、なんと生しらすを食べさせてくれるのです。
そして、生桜えびもあります。
私はこうゆう生ものが大好きなのです。
今日は日曜日。
提供する数が多いからか、取れ高が少なかったのか、「生しらす丼」はなくて、単品と具材の豪華な(でも生しらすはちょっと)「とびっちょ丼」のみでした。
まぁ、ピンポイントで食べられればいいので単品を頼みました。
あな、うまし。

このお店にはお土産も売っていて、美味しい釜揚げしらすがあります。
ここに行くと必ず買ってきます。
でも、お土産を買ってから買い物すると傷んじゃうので最後に買おうと思うのですが、こないだは残念ながら売り切れちゃってました。
お店のお姉さんに「こないだ売り切れちゃってたんだけど、買ってから冷蔵庫で預かってもらうことできる?」って聞いたら、「もちろんOKですよ!」って。
じゃあ、ってことで買って預かってもらうことにしました。
「何時頃お見えになりますか?」
そんな遅くはならないだろうけど…。
夕方までには妹を送っていかなきゃいけないし。
「閉店までには…」
それは大丈夫。
「でも、お預けのままお忘れになって帰ってしまう方がいるんですよ。ケータイを教えていただければお電話しますが…」
さすがにそこまではバカじゃないから大丈夫ですよ、とお土産を預けて買い物に行きました。

その後、買い物をして、無事に妹のプレゼントをゲットしました。
良かった良かった。

ー◆ー◆ー◆ー◆ー
(追記)
ところがこのあと大変なことが起こるのです!
まぁ、皆さんのご想像の通りだとは思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

木更津のアウトレットに行ってみました。

世間様は大型連休だったかなんだか知らないが、コッチは昨日までキッチリと休みなしで仕事をし、今日になってやっとこさ1日だけポコッと休みなのである。
そんで、明日は仕事で、その次は連休、その次も1日だけ仕事で、その次はまた連休。
なんとも飛び石の連続であるが、休めるだけありがたいと思わなければ。

そんなさなか、女房はキッチリとカレンダーに休んでいる。
私もこないだまではそうだったので別にどうってことないのだが、休みが合わないとできることもできなくなって都合が悪いこともある。
そしたら女房が「そこまでおっしゃるんならご協力いたしましょう」とこの連休のまっただ中に休暇を取った。
どこまで大型連休にするつもりだ!と言いたいのだが別に海外に行くじゃなし、ホントに海外に行くならもっと思い切って休みを取らなければならないので、それはそれでいいか、と思い直す。
別に、女房が休暇を取っても、私の休暇が増えるワケでも減るワケでもない。

それならば、と先日できたとゆう、千葉県は木更津にある「三井アウトレットパーク木更津」に行ってみた。
我が家のある世田谷から川崎は案外とひょいっと行ける距離である。
そこまで行けばあとはアクアラインでこれまたひょいである。
なんともありがたいことだ。
ちなみに、アクアラインは千葉県知事の森田健作のおかげで通行料金は3000円のところが800円である。
もし3000円なら絶対にアクアラインは使わない。
800円だから使うのだ。
千葉県の経済振興策としては大正解な気がする。
だって3000円だったら1の量しか乗らないけれど、800円だったら5の量は乗る。
結局1000円トクするのである。
何事も損して得取れの精神が大切なのである。

さて、アウトレット。
木更津金田のインターからは目と鼻の先である。
今日は連休の谷間とはいえ平日なので空いているのだろうが、高速の料金所のあたりから「↑アウトレット」の看板が至る所にあったので、休みの日などは相当な混雑なのだろう。
これで三井アウトレットパークは幕張に続いて2ヶ所目。
しかし、房総半島の皆さんが幕張まで行かずに買い物ができるというメリットは小さくないと思う。

内容はというと、三井なので、入間や横浜のアウトレットと似たような系統である。
私が好きな雑貨系のお店はあまりない。
その中で気になったのが「日本橋木屋」のアウトレットだ。
コレには驚いた。
木屋とは江戸包丁の老舗であるが、私は木屋の大ファンで、包丁なんかはほとんどが木屋なのだが、アウトレットどころか本店以外には支店もひとつしかなく、それが世田谷の二子玉川にある玉川高島屋に入っている。
それはそれで嬉しいのだが、アウトレットへの出店には驚いた。
聞けば「やはり金物なので不器量なのは以前から出ていまして、ただ切れ味には問題がないので思案に暮れていたんですが、三井さんからのお話がありまして、コレもご縁とゆうことで…」との由。
なるほど、それはナットク。
しかし、なぜに木更津?
我が家からはいささか遠ございます。

それと気になったのはワンコの数。
まぁ多いこと。
でも、うちのピノコは小さくて黒いクセになんだかやたらと目立つらしく、「かわいい!」とか言われて大人も子どももよく遊んでくれる。
もちろん遊ぶのが大好きなピノコが黙っているはずもなく、本犬(ほんにん)はご満悦だったようだ。
ちなみに、大変珍しいピノコと同じ黒いポメラニアンに会ったのだが(正確にはブラックタンかな?)、イヌ嫌いのピノコは「くろぽめなんかどうでもいいちゃん!」と興味もなかったようだ。

でも、面白いのはこのアウトレットにはワンコが多いのにワンコのショップがないのだ。
アウトレットのワンコ関係のお店と言えば「ドッグデプト」か「ペットパラダイス(クリエイティブヨーコ)」なのだがどちらもない。
「ドッグレスト」なるイヌ専用のスペースまであるのに。
なぜ?

そのナゾは帰り際に解けた。
このアウトレットに隣接して広大な空き地があるのだ。
たぶん、ここもアウトレットになるのではないだろうか?
いまの規模はそんなに大きくはないが、ここもアウトレットになればかなり広大なモノになる。
そのときにワンコ関係のお店なんかも入るのではなかろうか。

さて、帰り道。
帰りもアクアラインで帰ることにした。
だって、東関東道やら京葉道路やら館山道やらを使っても、アクアラインを使っても料金は変わんないし、それなら早い方がいいと思って。
初体験だったのだが、なんと帰りのアクアラインはそこそこ混雑した。
へえ、アクアラインが混雑することなんてあるんだねぇ。
それでも川崎までは30分もあれば着いちゃうんだけど。
(通常は15分らしい)

これからまだ、木更津のアウトレットパークは進化するようなので楽しみにしていよう。
また遊びに行ってみよっと。
まかり間違ってアクアラインの通行料金が3000円になんか戻らない限り大丈夫だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

コントレックス大特売!

以前にダイエットした時に、なんとなく良さそうだと聞いていたので、フランスのミネラルウォーターである「コントレックス」を愛用していました。
硬水のため、最初飲み慣れるまではちょっとキツいのですが、慣れてしまえば大したことはありません。
なので、今でもコントレックスは愛用しています。

安いに越したことはないので、いろいろ探しているのですが、今までで一番安かったのはコストコですかね。
でも、コストコって会費を払わないと買い物ができないのでもう行ってません。
その後は専らインターネットで探しています。
水モノなので重いじゃないですか。
配達してくれると助かるんですよ。

ちょっと前の話なんですがね。
瑞穂町にあるジョイフル本田に行ったんです。
そしたら何とビックリ、99円ですよ!
1334393614771.jpg
さすがに100円を切っているのは初めてみました。
これだけ安ければ持ち帰りますよ、クルマだし。
私も速攻で2箱買いました。
このままの価格を維持できれば、ジョイフル本田はコントレックス界を一手に引き受けられますよ。
さすがにすぐに飲み終わらないので、しばらくは行かないと思うんですよ。
うちから遠いし。
ずっとこの価格で売ってくれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

◎御殿場、五反田、五反野。

実は今日はお休みです。
昨日の飲み会の翌日なので助かっちゃいます。
でも、普段休んでいないので有休がけっこう溜まってて、「いいから休みなさい!」って上司に言われたのでお言葉に甘えました。

そしたら、朝の出勤前に女房が「じゃあ、アタシも仕事片付けて午後半休取るからさ、午後からお出かけね」だと!
ええ〜??
そういえば昨日上司が「奥さん孝行していらっしゃい」って言ってたっけなぁ。
…これ以上?

どこに行きたいのかと思ったら、御殿場のアウトレットだって。
実は先週も行ったんですよ、御殿場。
バーゲンやってるんですよね。
この時期はどこもバーゲンなので気をつけなきゃいけないんですけど。
そしたらね、諦めたんだけどどうしても心残りなものがあるから、って。

平日なので、道路もアウトレットも空いてました。
空いていたとはいっても駐車場は軒並み埋まってましたので、平日でこれだけ入っていればまあ合格かな、と。

そしたらね、なんだかヘンなんです。
中国人がやたらと多い。
聞こえて来る言葉がほとんど中国語なんです。
まあ、近年中国の富裕層がこぞって日本に観光に来ていることは知っていますし、ここ御殿場でも確かによく見かけます。
でも今日は異常です。
たぶん9割は中国人。
なんだこりゃ?

そしたら女房が言いました。
「あ…わかった、春節だよ。」
あ、そっか!
昨日がちょうど旧正月なのです。
なので中国はお休みなんですね。
だからこんなにたくさん中国人がいたのです。

中国では新節の正月より旧正月をお祝いするんですよね。
だからってこんなに休みじゃなくても…。
「でも外国だって『なんで日本人は5月の始めになるとこぞって旅行するんだろう?』ってきっと思ってるよ」と女房。
あ、確かに。

でも、なんだか御殿場ごと買い占められちゃいそうでね。
日本人ももっと買い物しなきゃいけませんよ、って思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月27日 (火)

矛盾してる商品?

スポーツショップで買い物をしていたら面白いモノを見つけました。

Down_miniskirt

これってね、ダウンのミニスカートなんですよ。
私なんかだと「そない寒いんやったら、そない短いの履かんかったらええやん!」とかって思っちゃうんですが、そうゆうモンじゃないんでしょうね。

ちなみに私はダウンは着ません。
とゆうか着れません。
なぜなら着るとみんなに「なんだかミシュランみたいだね」って言われるからです。

Bibendum

フン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

家じゅう丸ごと芳香化計画!

いきなりさわやかに変態チックで恐縮なのだが、私はニオイフェチである。
季節によっては鼻炎で使い物にならなくなる鼻であるが、私の五感の中では比較的まともに働く器官なので、とにかくニオイフェチである。

実際、「そうでもないな…」とゆう女性でも、いいニオイがすれば私はだいたい落ちる。
私の中では、好みの中の「ニオイ」はかなりのファクターを占めているのだ。
だから「マックスファクター」って言うではないか。
…違うな、これ。

ニオイの中でもシャンプーのニオイなんかいいね。
いいニオイの女性なんかがいるとあとをついて行きたくなっちゃう。
…もちろん実際にはやらないけどね。
ああ、変態変態、と。

でも、これは私だけではなくて女房もそうらしく、二人で街中を歩いているときに「今のお姉さん、チョーいいニオイしなかった?」「したした!!」なんて会話もよくするので、ニオイとゆうのはやっぱり誰でも気になるモノなのだ。
…と自分を正当化してみる。

元々ニオイフェチだった私が、最近さらにニオイが気になってきたのは自分の体臭が原因なことに他ならない。
特に今年の夏はひどくて、自分でも「ワッ!ワッ!!ワッ!!!」って思うことが多かったのである。
夏の間、私の脳内に占める割合の7割はデオドラント関係だったに違いない。
脳内メーカーで見たらほとんどの部分が「臭」だったと思う。
これって加齢臭ってこともあるんだろうけどな、とかなりガッカリしたのだ。

それでも、一応それなりには努力はしていたつもりで、夏の間は常にニオイを押さえることを考えていたのだ。
おかげさまで、Banやら8×4やらシーブリーズやらもう総動員だった。
自宅に置き、職場に置き、クルマに置き、カバンに持ち歩き…そりゃあもう大変だった。

でもよ、ニオイを消すことも確かに大事だけど、いいニオイがする人っているじゃない?
ああゆうニオイがするにはどうしたらいいのかね?

以前に仕事で一緒になる女性がいて、この人がものスゴくいいニオイがする人で、前々から気になっていたのだ。
別にこの人と同じニオイになる必要はないけれど、いいニオイへのステップアップとして聞いておくことに越したことはない。
ある日、意を決して「いつもいいニオイがするんですけど、なんかつけてるんですか?」って聞いてみた。
「いえ、特になにもつけてないですけど…」とやや、いやかなり引き気味で答えてくれた。(そりゃそうだ、やっぱ変態かな…)
そっか〜、つけてないのか。
じゃあ、なんなんだ?

そう思ってテレビをぼーっと見ていたら、柔軟剤のCMをやっていた。
洗濯物から花の絵が飛び出してくるよくある演出のヤツだ。
ん…?
んん…?
んんん…?
あ!
これじゃないか?
それまで柔軟剤のCMなんて腐るほど見ているはずなのに、気がつかなかったのだ。
カラダがムリなら洋服にニオイをつけりゃいい、とゆう基本的な発想が抜けていたのだ。
そうだよなぁ、だって人間、裸で出かけないもん、洋服は必ず着るもんなぁ…。

そう思い立ち女房にその理論を披露したところ、彼女も「ああ、それは確かに一理あるかも…」となったので、早速翌日に柔軟剤が多く売ってそうな大きなホームセンターに行って、片っ端からニオイをかいで気に入った柔軟剤を買って来た。

先日から使い始めたのだが、柔軟剤を入れて洗ったものが増えて来るにつれて、クローゼットの中が段々といいニオイになってきている気がするのが何となく嬉しい。
ただ思うのは、柔軟剤自体のニオイは強くても、洗濯物には薄まってつくので、最初に受けたイメージと比べると「あれ?」って思うことも多いみたい。
もちろん濃いにも限度があるんだろうけど、このあたりは更なる研究を進めて行く必要があるみたいだ。

あ〜、こうゆうのって楽しい!!!
…念のため言っとくけど楽しいのは研究であって変態じゃないからね、一応。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

こりゃ便利だぜ!

前々から存在は知っていたのだが、使うことのなかったモノ。
それは「消せるペン」。

どんな仕掛けになっているかというと、60度以上になるとインクが透明になるんだそうな。
書いたところを擦る摩擦熱でインクが透明になるってことで、インクがそこからなくなるワケではない。
逆にマイナス10度になると色が復活することもあるそうで、東京の人が北海道に手帳を持ってったら消したはずの文字が全部出てきて大騒ぎ、ってことも考えられるので注意が必要ではある。
…ないかな?

今まであまり必要性を感じることがなかったので使うこともなかったのだが、先月たまたまノベルティで黒、赤、青の3本セットをもらったのだ。
これが案外便利なのだ。なにしろ発色がいいし、インクなのである程度の走り書きにも使える。
それに色が複数あるのがいい。
手帳なんかに使うにはなかなか便利だ。

私もこのブログに使う原稿を手書きで作ることもあるのだが、後から気づいた部分は赤で直せばいいし、もっと行き詰まったら消しちまえばいい。
イザとなったらドライヤーにでも当てれば全部消えちゃう。
ま、全部消すならその前に捨てちゃうだろうけどね。
でも、紙は再利用できるし、環境にもやさしいかもしれない。

あまりの気に入りっぷりにもらった翌週に渋谷の銀座伊東屋に行って緑とオレンジを買い足してきちゃった。
そしたらサインペンとか蛍光ペンなんかもあるのね。
それに、高級モデルのペンもあったよ。

種類はかなり充実してるし、なんせ店頭にこのペンの特設コーナーが設けられているくらいだからね。
店側も気合が入ってるみたいよ。

ただし、インクが消える限りデメリットもあるわけで、使っちゃいけない場面も当然ある。
中にはこのペンで公文書を書いちゃうようなおバカちゃんもいるそうな。
いいわきゃないだろ。
やっぱり消えちゃいけないものは消えちゃいけないのだ。
でも便利には便利なので自分用のアンオフィシャルなモノに使うようにしよう。

使用上の注意としては、インクが乾かないうちに擦るとインクがびよよよよ〜んと伸びて汚れてしまう。
まあ伸びた分も擦れば消えるのだがちょいとめんどくさい。
また、擦った直後に書き込むとまだ紙面が60度以上あるのか、うまく書けないことがあるので、何事も慌てないようにすることが必要だ。

ま、旧人類の悲しさでね、擦った後を手で払っちゃたりするのよね。
消しゴムじゃないからカスは出ないの。
インクが透明になるだけなんだからカスの出ようがないの。
で、払った後に「あ、そうだそうだ」となるわけ。
でも、ついついやっちゃうのよね。

とにもかくにもこれはなかなかのスグレモノであり、これから先、どのように発展しどんな展開を遂げて行くのか楽しみである。
新製品が出たらまた飛びつくかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

レッツBBQ!

女房の会社の人たちでバーベキューをやるから来ないか?と女房に誘われた。
こうゆうことは非常に珍しい。
別に断る理由はないし、アウトドア好きのインドア派としてはバーベキュー自体が好きなのだ。

参加メンバーの中には、女房の後輩で子分であるトゥーもいるのだが、いつもつるんでいるメンバーは家族連れで来るため、チョンガーのトゥーはかまってもらえないことになるため、「ダンナが来なきゃ遊ぶ相手がいないじゃないかぁ〜」と孤立防止を訴えているらしい。

実は最初は小金井公園で行う予定だったらしい。
小金井公園なら地元だし、ドンと来いだぜベイベ!ってなモンだったのだが、前々日に東京都の防災訓練が行われるため使えないことがわかり急遽府中市の武蔵野公園に変更になった。

それぞれの参加者で分担が決まっているらしく、前日、つまり昨日にトゥーと一緒に買い物に行って来た。
場所や勝手が分かっていれば私もいろいろ用意をしたり、あれこれと気づくのだが、場所も初めてだし、ほとんどの人は会うのが初めてなのでなにを準備していっていいかわからないので、今回は完全にゲストを決め込むことにした。

うちの担当はお野菜。
いろいろ買い込んでいるが、トゥーがそれ以外にもいろいろと買い込んでいる。
彼も私と似ていていろいろと準備をしてサプライズをするのが好きなのだ。
それにトゥーは元料理人だからね。
腕前は間違いない。

そんで当日。
いろんな人が集まった。
15人くらいかな。
家族で来ている人もいて、子どもも5人くらいいたかな。
社交的な人見知りの私はおかげさまで皆さんと仲良くすることができた。

トゥーは、私たちとの買い物の後にいろいろ走り回って買い物をして来たらしく、海鮮の材料や、餃子なんかを作って来ていた。
さすがはトゥー。
しかも美味しかった。

でもね、その場に足りなかったものはほぼすべてうちにあったんだよね。
一応、キャンプやバーベキューができるようなものはだいたいあるから。
コレだけが残念だったね。
次回があれば持ってくるよ。

………。
「とおちゃん!なにかをわすれてはいませんか?ぴのこもだいかつやくだったちゃん!」
あ、そうでしたね。
当日はピノコも連れて行ったの。
お留守番がなによりもキライだからね。
ピノコはお子ちゃまにも大人気で、メンバーじゃない人たちからも「かわいい!」って遊んでもらっていた。
「ぴのこがいなきゃはじまらないからね!」
…そうね。
でも、遊びすぎたんだか興奮しすぎたんだか、たぶん今までで一番エキサイトした日じゃなかったかと。
そのせいか、クルマに乗ったとたんに爆睡。
そりゃそうだよね。
今日はピノコ楽しかったよね。

知らないメンバーばかりでどうなることかと思ったけど、私の人柄で…違う違う、皆さんのおかげで、正直最初に思ってたより楽しかった。
また誘ってちょうだい。
今度はしっかり準備して行くからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

東京の田舎モン、東京の都会に出没する。

東京は都会だと思っている方が多いと思いますが、東京全部が都会なワケではありません。
でも、23区ぐらいは都会だろう、と思っている方がほとんどだと思いますが、どっこいこれがそうでもありません。
少なくとも世田谷というところは田舎です。
それなりに人はいて、栄えてはいますが、もともと東京市ではなかった場所です。
かつて、世田谷区は荏原郡と北多摩郡に跨がって存在していました。

そんな世田谷に住んでいるものですから、真の都会におかいものに行く時は少なからず緊張します。
それはどこかと尋ぬらば、それは銀座です。
銀座とゆう場所は東京の人間がオシャレをして出かけて行く場所です。

なにを間違えたか、今日はそんな銀座に来てしまいました。
なぜに?
それは、我が家最大のイベントが来月に迫っているからであります。
あれですよ、あれ。
そう、女房の誕生日です。

去年から言われていました。
「来年はパールのペンダントが欲しい」と。
実はお義母さんの形見があったのですが、それは優しい女房(←本人談)が妹にあげてしまったのです。
実は女房がそのペンダントをとても欲しがっていたことを知っていた私は、事情も事情だし、買ってあげることにしていました。
(もちろん、首中真珠だらけのネックレスではなく、ヘッドがついてるペンダントですよ)

おかげさまで、爪に灯をともす生活を続けています。
旅行のために爪に灯をともし、女房のために爪に灯をともし、もう爪がありません。
ダイエット中なことも相まって、飲みに行く回数もほとんどありません。
酒も飲まず、小銭が貯まり、女房がゴキゲン。
いいことじゃないか、とゆう声が聞こえてきそうですが、なんだか釈然としません。

「今年はパールのペンダントでいいんだよね?」
うん、そのつもり。
「ミキモトの。」
うん、そのつも…は?
オマエ、なに言ってんの?
ミキモトって世界のミキモトじゃねーか!
「あ、知ってた?」
知っとるわい!

でも、ミキモトの中でも私の手に届く価格のものもあるのですね。
インターネットショッピングを見ながら女房が、「コレが欲しいの」と。
うーん。
まあこれなら…。
「だってさ、よくわかんないブランドと、ミキモトで同じ価格のものがあったらどっち選ぶ?」
…ミキモト。
っちゅうワケで銀座になんか来ているのです。

お店に行きましたらですね、なんと欲しかったのは在庫がありません。
そしたら、お店で「同じお値段で真珠からお選びいただいてお作りします」って言ってくれて、なんと世界のミキモトでオーダーですよ!
ひゃー、アタシもエラくなったもんだ!
女房がそれに乗らぬはずはなく、めでたくお願いすることにしました。
まあ、なんだかんだで女房のプレゼントも用意できました。

一方、愛犬のピノコちんは銀座に来るとなんだか嬉しそうなんです。
みんなかまってくれるんですよね。
リッチな方が多いから余裕があるのでしょうか?
「衣食足りて礼節を知る」とゆう言葉がありますがあれに近い感覚なのかも知れません。

今日は歩行者天国。
歩いていたら人だかりが。
何かと思ったら、高いところに親ネコと子ネコ2匹がいて、みんなで写真を撮っているのです。
そしたら、飼主の方が近づいて来て、「うちのネコはイヌが好きなのですが、一緒に写真を撮ってくれませんか?」って。
うちのピノコもイヌにあるまじきくらいネコが好きなのですが、いつも相手に嫌われてしまうのでコレは願ったり叶ったり。
おかげで、写真を撮らせてもらうことができました。
Ginza_with_cat_2
よかったね、ピノコ。
一瞬、とおちゃんのお財布から飛んで行くお金のことを忘れられたよ、うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧